850年前の謎のタネが発掘された。育ててみると〇〇が育った!?その驚きのものとは….

 
 

正体はかぼちゃ


6

普通のカボチャよりも細長いこの実は、24個収穫されたそうです。

現代の環境でも、健康にすくすくと育ってくれたようですね。

大きいものは、91センチ、8キロにもなったとのこと。現代の物と比べても、かなり大きい部類です。

 
 

おいしそうに見える断面


7

なお、残りのタネは、アメリカインディアン活動家の方の手で、アメリカ・カナダの先住民の儀式のために配られたとのこと。

絶滅の原因が自然環境の変化なのか、もしくは人間の手によるものなのかわ分かりませんが、こんな奇跡があるとは。

どんな味なのかは分かりませんが、機会があればぜひ食べてみたいですね。