新古車が出回る本当の理由!これを知らずに買うとかなりヤバい

 

 

 

人気の新古車

新古車は新規販売登録が済んでいるのに、事情があって販売されなかった車を意味します。

新車同様で安く買えるので大変人気があるのですが、今回はこの新古車が出回る本当の理由を紹介します。

そもそも新古車が発生する理由とは?

 

 

理由その1

新古車になる1番大きな理由は、ディーラーが販売実績を確保するためです。

この販売実績に応じてマージンがもらえる仕組みなので、自社で車を購入する場合があります。

購入した車は新古車として販売しても、ディーラーは利益を得られるシステムなのです。

そのほかの理由は?

 

 

 

理由その2

トップメーカーなどは「販売台数No.1」というような肩書きにこだわる場合があるため、新古車を出してでも実績を重視します。

特に3月の年度末には、多くの新古車が発生しています。

他にもお客様からのキャンセルや、注文ミスがありますが、新古車を買うメリットとは?

 

 

新古車のメリット

新古車を買うメリットは、新車を買うよりも10%ほど安く購入できることです。

登録時に車検も済んでいるので初回の重量税なども発生せず、早ければ1週間で納車されます。

では、新古車のデメリットは?