時代の変化ってスゴすぎる!昭和63年と平成30年の違い!

 

 

 

昭和と平成の違い

昭和と平成では、随分といろんなものが変化しましたよね。

そこで今回は、昭和63年と平成30年の違いを紹介します。

平成生まれが社会人になる!なんて思っていたら、もう30歳なんて早すぎますw

 

 

1.携帯電話編・昭和63年


https://middle-edge.jp/articles/I0002205

昭和の携帯電話の初期は、このショルダーフォンでこれを肩にかけて街を歩いていました。

重さは3kgほどで、車から離れても利用できる社外兼用型自動車電話です。

ちなみに購入金額は保証金20万円で、月額利用料金は2万6,000円でした。

 

 

 

携帯電話編・平成30年

今ではスマートフォンを持っているのが当たり前のような勢いで普及し、持っていない人が珍しい印象を受けます。

連絡はもっぱら電話よりも、LINEが主流になりました。

 

 

2.タバコ編・昭和

昭和63年頃は喫煙者も非常に多くて、職場や列車などどんな場所でも喫煙が可能でした。

それが普通になっていたので、愛煙家にとっては天国のような時代だったんです。