「これが日本人なんだよ」外国人弁護士が日本で体験した出来事に世界中から感動の声が殺到!

 

 

 

外国人から見た日本

私たちにとっては日常的なことでも、海外の方から見れば理解できないことも多くあります。

その逆も然り。

今回は、外国人弁護士が日本で体験したエピソードを紹介します。

 

 

信号待ち

シンガポール人の弁護士は、日本人の友人と一緒に信号待ちをしていました。

その場所は東京郊外の小さな町の横断歩道で、日曜日の午後で見る限りでは一台も車が通っていませんでした。

そこで、友人に尋ねました。

 

 

 

「渡ってもいいんじゃない?」

「信号は赤だけど、車も通ってないから渡ってもいいんじゃない?」

すると、日本人の友人は首を横に振りながら、「ダメだよ。青になるまで待とう」と答えたのです。

 

 

戸惑いを感じた!

シンガポール人の弁護士は、友人の返答に戸惑いを感じました。

ここで待っても待たなくても、そこに大した違いを見出せなかったからです。

そして再び、友人にこう尋ねました。