マレーシア航空機失踪とタイタニック号沈没に共通の激ヤバ陰謀論が発覚!黒幕はあの大物!?

 

 

マレーシア航空370便


https://ja.wikipedia.org/wiki/マレーシア航空370便墜落事故

マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かったマレーシア航空370便(MH370便)が消息を絶ってから早5年です。

2015年7月29日にフランス領レユニオンで機体の一部と見られる残骸が見つかり、搭乗者は全員死亡したと発表されました。

しかし、映画にもなって有名なタイタニック号沈没と意外な共通点があり、「陰謀論」が囁かされています。

 

 

タイタニック号の沈没

タイタニック号は1912年4月14日の夜から15日の未明にかけて氷山に衝突して北大西洋で沈没し、2.224人中1,513名が亡くなりました。

このタイタニック号の沈没についてもいろんな説が浮上していますが、陰謀論を主張しているのは?

 

 

 

「Decagon TV」


https://www.youtube.com/watch?v=PqARTZ0t-Fc

Youtubeチャンネル『Decagon TV』は、昨年投稿した動画を取り上げて、タイタニック号沈没とMH370便失踪事件は共通点があると解説しています。

その解説によると、どちらの事故も巧妙に仕組まれた「謀略」だったというのです。

 

 

タイタニック号の陰謀論


https://ja.wikipedia.org/wiki/タイタニック号沈没事故

タイタニック号の沈没で命を落とした人たちの中には、経済界の大物である3人が含まれていました。

1人めは百貨店「メイシーズ」のオーナーだったイジドー・ストラウス、2人めはユダヤ系アメリカ人の実業家であるベンジャミン・グッケンハウス、3人めはアメリカの財閥であるアスター家の一員で最もお金持ちだと言われていたジョン・アスターの3人です。

この3人と共通する重要なカギを握る人物とは?