男性の血液が乳白色に!!一体、何が起こったのか!?(※画像あり)

 

 

血液の色は?

「あなたの血液の色は何色?」と聞かれれると、間違いなく「赤」と答えますよね。

しかし、ドイツではある男性の血液を採取したところ、赤から乳白色に変化したと話題になっています。

一体、この男性には何が起こっていたのでしょうか。

 

 

糖尿病を患った男性

ドイツにあるケルン病院に39歳で糖尿病を患っている男性が、意識は朦朧状態で嘔吐や頭痛などの気分の悪さを訴えて来院しました。

検査の結果、この男性は血液の中に中性脂肪がたっぷり入ってしまう「高トリグリセリド血症」と診断されました。

この病気に対する治療方法は?

 

 

 

治療方法

この病気の治療方法は血漿を抜き取って余分なものを除去した上で、綺麗な結晶が体内に戻されるという治療が行われます。

しかしこの男性の場合は、あまりにも中性脂肪が多すぎて、専用の機械が2度も止まってしまったのです。

 

 

「高い基準」の36倍

なんとこの男性の血液には「非常に高い」基準値の36倍もの中性脂肪が含まれていました。

男性が訴えていた症状はいずれも血液がドロドロになりすぎた状態で起きる「過粘稠度症候群」でした。

そんな男性の実際の血液は、次のページへ。