【未解決事件】犯人は今も野放し!世界で最も恐ろしい家宅侵入殺人事件5選

 

 

 

家宅侵入

家はゆったりくつろげる安息の場所ですが、突如侵入したものにより危険な場所へと変貌してしまいます。

今回は、世界で最も恐ろしい家宅侵入殺人事件を紹介します。

 

 

1.ワイン家とマクレラン家

2008年11月21日、ペンシルベニア州のフランクリンタウンシップの住宅火災現場で82歳のノーブル・ワイン氏の遺体が発見されました。

遺体には銃で撃たれた痕跡があり、火災は殺人を隠蔽するためのものだったと考えられました。

さらにこの事件の4ヶ月後‥

 

 

 

強盗殺人事件

ワイン氏が殺害されてから4ヶ月後、同じくペンシルベニア州のグリーン群で、マクラレン夫妻が所有するトレーラーハウスに男が侵入してお金と銃を要求しました。

夫のヤコブさんは首と顔を撃たれましたが、幸いにも一命を取り留めました。

しかし、妻のベティさんは顔を撃たれて現場で亡くなり、犯人は未だに捕まっていません。

 

 

2.パウロー家の虐殺

1958年6月10日の夜、ブリティッシュコロンビア州のサウスバンクーバー郊外に住んでいたパウロー家に何者かが侵入。

この侵入者によってデビッド・パウロは地下室で銃殺、11歳の娘のドロシーは殴り殺され、帰宅した妻のヘレンは顔を撃たれた後に全身を殴られていました。

ドロシーの寝室の壁に犯人のものと思われる血の手形が残されていましたが、結局捕まっていません。