日本政府の借金は1,470兆円!日本が国の借金を全て返済したらどうなるのか?

 

 

日本はどうなる?

日本の借金は1000兆円を突破していますが、なぜこれほど莫大な金額になってしまったのでしょうか。

このままだと一体どうなるのか、またすべて返済したらどうなるのかを紹介します。

 

 

 

約1.470兆円


https://okane-theory.com/nomoney/

2018年3月に発表された日本政府の連結バランスシートによると、日本の資産は約1000兆円に対して借金は約1.470兆円です。

実質的に、約500兆円もの借金を抱えています。

借金の約1000兆円のうち825兆円が国債で、国は「国債」を発行して借金をして国際を誰かに買い取ってもらおうことで資金を得ているのです。

その大半は?

 

 

 

国内の金融機関

国債を買い取っているのは、ほとんどが日本銀行と国内の金融機関です。

その金融機関にお金を預けているのは私たち国民ですから、私たちが預けたお金は金融機関を介して国へ流れているのです。

 

 

借金を返済するには?

日本政府が借金を返済するには税金で返すか、借り換えるかのどちらかです。

しかし借り換えは先延ばしにしている状態なので、返済していることにはなりません。

国民や企業が持つ国債を税金で徴収して返済すると、どうなるのでしょうか。