【必見】なぜ大人になると1年が短く感じるのか?実は気のせいではなかった!

 

 

時間の感覚

若い頃は何も感じませんでしたが、年齢を重ねると月日の流れがとても早いとなと感じたことはありませんか。

あっという間に1年が過ぎていきますが、なぜ大人になると1年が短く感じるのでしょうか?

今回は、その理由を紹介します。

 

 

ジャネーの法則


https://ja.wikipedia.org/wiki/ポール・ジャネ

フランスの哲学者であるポール・ジャネが発案した「ジャネーの法則」では、年をとれば取るほど1年を短く感じるという心理効果が判明しています。

この法則では1歳の時の1年の体感は365日ですが、40歳になるとわずか9日、60歳になると1年が6日、80歳では1年が約4.5日に感じるのだとか。

1年が早く過ぎるという感覚は、気のせいではなかったのです!

その理由は?

 

 

 

刺激に溢れた子供時代

子供の頃は、クリスマスやバレンタインなどのイベントや学校の変化など、すべてが刺激で溢れていました。

その一方で、社会人の日常は毎日同じことの繰り返しの様な生活です。

要するに新しい体験が減るので、1年を短く感じてしまうのです。

 

 

新しいことに挑戦するには

1年を短く感じない様になるには何か新しいことに挑戦すれば良いのですが、そのポイントは準備が整う前に始めることです。

それは人は新しいことを始めようとすると、「失敗したらどうしよう」「いつもの方が安全」と防衛本能が働いてしまうからです。

まずやるべきことは?