結婚した時、まさか自分が世界一○力旺盛な男性と結婚したとは思っていなかった…10年がそれが二人の人生を破滅させる

 
 

ケント

こんにちは。ケントです。

今日は原因不明の悲劇の病気にかかった男性の悲劇の物語を紹介します。


 

ヒロミ : どんな病気なの??


ケント : 持続性性喚起症候群と言って、どんな時でも四六時中オーガズムを感じてしまう特殊な病気なんだ。。。


ヒロミ : それって嬉しいもんじゃないの??気持ちいんでしょ??


ケント : それはこの男性の話を聞けばわかるよ。。。


 
 

持続性性喚起症候群とは

持続性性喚起症候群というのをご存知ですか?この病気は、ごく最近の2001年に見つかった病気です。これまでにもしかしたら発表されなかっただけで、実は多くの人が、この病気に苦しんでいたのではないかと思う程、驚きでした。

聞きなれないこの病気は、性的欲求が常に起こり、抑制をすることもできず、身体にも心にも精神的な負担を与えるほどの、性的刺激を感じ続けなければいけない病気です。性欲とも、色情症とも関係なく、ただ羞恥心を感じながら、自慰行為をしなければ治まらない病気です。

日本では認知度も低く、病名を耳にたこともほとんどないかと思われます。症状が悪化すると、部屋から出ることも困難となり、働くことも難しくなります。更に原因は不明とされ、治療法も確立されていません。

記事提供

http://www.imishin.jp/dale-decker/

https://welq.jp/12966