江戸時代にたくましい一人の男が、突然妊娠した!彼のその後を知ったら、涙せずにはいられない

 

 

曲亭馬琴

曲亭馬琴(きょくていばきん)は、江戸時代後期に活躍した日本最初のベストセラー作家といわれています。

代表作には『椿説弓張月』や『南総里見八犬伝』などがありますが、その中から『兎園小説余録』という悲しい物語を紹介します。

 

 
 

 

『兎園小説余録』

「兎園会」は1826年に会が断絶しましたが、それでも曲亭馬琴は異聞を集め続けて、『兎園小説余録』を執筆しました。

そしてこの『兎園小説余録』には骨太でがっしりとした男がある日、突然出産したという驚愕の内容が描かれているのです。

きになるその内容とは?