ゲイであることをカミングアウトしている7人のハリウッド俳優たち

 

 

カミングアウト!

ハリウッドスターの中にはLGBTの方達も、多く活躍しています。

そこで今回は、ゲイであることをカイングアウトしているハリウッドスターを紹介します。

 

1.コルトン・ヘインズ


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664

海外ドラマ『ARROW / アロー』のロイ・ハーパー役で知られている、コルトン・ヘインズさん。

コルトン・ヘインズさんはネットで、あるユーザーにゲイであることを暴露されて心が不安定になってリハビリ施設に3ヶ月ほど通院していました。

その後、雑誌の取材で自らカイングアウトしています。

 

 

2.ベン・ウィショー


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=6

ベン・ウィショーさんは、映画『007』シリーズのQ役でお馴染み。

203年に作曲家であるマーク・ブラッドショウさんとオーストラリアのシヴィル・パートナーシップ制度を利用して結婚、ゲイであることをカミングアウトしています。

 

3.ルーク・エヴァンス


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=8

ルーク・エヴァンスさんは、2017年に公開された映画『美女と野獣』でガストン役を演じで話題になりました。

俳優として活動を始めた頃にゲイであることをカミングアウトしていて、インタビューでは「カミングアウトして、自分の人生に支障が出たことはない」と語っていました。

 

4.ジム・パーソンズ


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=8

ジム・パーソンズさんは、海外ドラマ「ビッグバン★セオリー」でシェルドン役として知られています。

2002年から美術監督のトッド・スピーワークさんと交際していて、2012年にゲイであることをカミングアウトしました。

 

5.マット・ボマーさん


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=8

マッド・ボマーさんは2012年にゲイであることをカミングアウトし、サイモン・ホールズさんと結婚。

代理母出産で、3人の子供も設けています。

 

 

6.ニール・パトリック・ハリス


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=8

アカデミー賞などのアワードのホストとしても活躍している、ニール・パトリック・ハリスさん。

ニール・パトリック・ハリスさんは2006年に雑誌の取材でゲイであることをカミングアウトし、2012年に長年交際していた俳優のデビット・パートカさんとイタリアで結婚しました。

彼らも代理母出産で、双子が誕生しています。

 

7.ウェントワース・ミラー


https://kaigai-drama-board.com/posts/1664?p=8

海外ドラマ『プリズン・ブレイク』でおなじみのウェントワース・ミラーさんは、2013年にゲイであることをカミングアウトしています。

また隠し続けることに悩み、15歳の時に自殺をしようとした過去も告白していました。

今回はゲイであることをカミングアウトしたハリウッドスターたちを紹介しましたが、海外に比べると日本はまだまだ遅れていますね。

<参照元サイト>
https://kaigai-drama-board.com/posts/1664