【 TOP5 】絶対行きたくない!治安が悪い危険な国 No.1とは?

 

治安が悪い国 No.1はどこの国?


リュウジ

こんにちは、リュウジです。

世界中で治安が悪く、危険と言われている国の中で、”最も危険な国 TOP5”を集めました。


5位 パプアニューギニア


リュウジ

パプアニューギニアの首都はポートモレスビーといい、他の土地と比べると若干発展しているようにも見えますが、

なんと旅行者は単独での外出は禁止。ツアー会社の人やNGO団体、大使館の職員など、

現地に住んでいる人と一緒でなければ外出することはできません。


4位 ソマリア


リュウジ

1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続き、

エチオピアの軍事支援を受けた暫定政権が首都を制圧したものの、依然として内戦状態が続いている。

無政府状態で、各地の有力者が群雄割拠する状態です。

内戦状態にあるので、特別な理由がない限りはソマリアに入国するべきではないようです。

重火器を使った攻撃が多く発生します。外務省から退避勧告が出ています。


3位 パキスタン


リュウジ

アフガニスタンとの国境付近は、過激派勢力タリバンの浸透した地域です。
テロに巻き込まれる危険があります。外務省から退避勧告が出ています。
報道されない路上犯罪が多いことから治安状況は極めて悪く、体感治安は最悪な環境にあると言える。


2位 アフガニスタン


リュウジ

13年は特に女性や子供の被害増加が顕著で、女性の死傷者は12年比36%増の746人、子供は同34%増の1756人。

いずれも反政府武装勢力が多用する即席爆破装置(IED)と呼ばれる爆弾被害が多かった。


1位 イラク


リュウジ

イラク共和国(イラクきょうわこく)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。

首都はバグダード(バグダッド)で、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。

古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。

現在やや沈静化に向かっているものの、危険地帯には変わりありません。

テロ、銃撃などに巻き込まれる危険性があります。


結論


行ってみます。