【衝撃】人間は生涯で、何人まで子供をつくれるのか?ギネス記録は◯◯◯人!?

 

 

大家族

日本でもたくさんの子供に恵まれた大家族が、テレビなどで話題になっていますよね。

そこで今回は、人間は生涯で何人まで子供を作れるのか紹介します。あなたは何人だと予想しますか?

 

 
 

 

世界ギネス記録


引用:https://www.youtube.com/watch?v=VQ36vvO6H_4

モロッコの最後の皇帝だったムーレイ・イスマーイールは、1703年までで525人の息子と342人の娘を作り、1721年には700人目の息子が生まれ、生涯で888人以上の子供を授かったとしてギネス世界記録になっています。

彼は一体、どのようにしてこれだけの人数の子供をつくったのでしょうか?

 



   

500人以上の女性

ムーレイ・イスマーイールには4人の妻の他に、なんと500人以上もの女性がいたのです。

それなら888人という子供の数にも、納得ですよね。ちなみに、男性が女性を妊娠させられる可能性は‥

 

 

年齢とともに低下

男性は50歳を過ぎると、30歳の男性に比べて女性を妊娠させられる可能性が38%も低下すると言われています。

ムーレイ・イスマーイールも例外ではなく、彼の子供のほとんどが若い時に誕生しています。

彼のように子供をたくさん作りたいと思ったら‥

 

 
 

若い時につくる!

年齢を重ねてからもっと人数が欲しいと思っても難しくなるので、若いうちに子作り活動をするのがベストです。

ムーレイ・イスマーイールの子供の数には及びませんが、他には‥

 

 
 

 

ソブーザ2世


引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Mogumogunews_910/

アフリカ南部の国、スラジランドの前国王のソブーザ2世は、100人もの妻を持ち、その子供は600人近く生まれています。

ソブーザ2世はたくさん子孫を残しただけでなく、約61年ほどの長期政権を樹立して国を発展させていったのです。

彼以外にも‥

 



   

 

アウグスト2世


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アウグスト2世_(ポーランド王)

ポーランド国王のアウグスト2世はたくさんの愛人たちと関係を持って、370人近くの子供をもうけたといわれています。

その一方で彼の妻であるクリスティーネは、エルベ川沿いのプレッツシュ城で孤独な生涯を送ったそうです。

 

 

徳川家斉


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/徳川家斉

日本では、徳川家斉が53人の子供をもうけています。

彼らを見てわかるのは、やはり大勢の女性たちと関係を保つためには、地位と名誉、そしてお金が必要です。

そう考えると、年収が低ければ子沢山を望むのは難しいようです。現在の子育てには、1人を成人させるのに2000万〜3000万かかるともいわれていますよね。

また、他にも最も重要なのはやはり、こちら!

 

 
 

男性ホルモンの強さ

やはり男性ホルモンが強くないと、たくさんの子供は望めません。いろんな条件を満たすことができれば、先に紹介した彼らのように子供をたくさん作るのも可能です。

では、女性は生涯に何人の子供を産めるのでしょうか?

 

 
 

 

15回の妊娠

女性は月経が始まる思春期から計算すると、生涯で約15回の妊娠が可能です。

一度に出産する人数にもよりますが、双子や三つ子のケースも含むと、15〜30人ほどの子供を作ることもできるのです。

 



   

最大は888人

さて人が生涯で子供を作れる人数は、ギネス記録にもなっている888人です。

そのためにはお金や生涯1日に0.83回〜1.43回の行為を行って、一度もはずさずに子作りに励む努力が必要です。

 

 

動画でチェック

今回の内容はこちらの動画で紹介されていますので、ぜひご覧くださいね。

もし子供をたくさん欲しいなら、体力と精神力を鍛えてバリバリ仕事して若いうちから挑戦する必要があるのですね。

 

 
 

<参照元サイト>
引用:https://www.youtube.com/watch?v=VQ36vvO6H_4