性犯罪者の脳に埋め込んで刺激を与えて、衝動を抑制するデバイスが開発中!

 

 

 

性犯罪者

性犯罪者は逮捕されても、その衝動が抑えられずに再犯に走る可能性が高いともいわれています。

今回は、そんな性犯罪に対する研究について紹介します。

 

 

 

衝撃を抑制するデバイス

アメリカのカリフォルニア州にあるスタンフォード大学の研究者が開発中なのは、脳インプラントを使って性犯罪者の衝動を抑制するデバイスです。

このデバイスの仕組みは?

 

   

 

 

 

デバイスの仕組み

デバイスの仕組みは、食欲や性欲などの欲求を制御する領域である脳の側坐核のシグナルを標的にして、衝撃的な行動を予防します。

この研究チームが特定したシグナルとは?

 

 

 

直前に発生

人は欲求に負けて行動を始める前に、ある特定のシグナルを発生させます。

マウスを使った実験では、側坐核を刺激することでこのシグナルを相殺して欲求に沿った行動を止め、社会的な結果に考えが及ぶように仕向けることができることが証明されています。

この実験に使われたマウスは‥

 

 

暴飲暴食癖

実験に使われたマウスには暴飲暴食癖があり、このマウスがどか食いする前には人と同じように側坐核に特定のシグナルが発信されていました。

今回の研究では、衝動的行動を察知する「リアルタイム生態指標」が判明しています。

この特定のシグナルに晒されたマウスや人間は‥

 

過敏になる

ケーシー・ハルパーン博士によると、この特定のシグナルはネズミでも人間でも報酬を獲得するよう意図されていて、繰り返して晒されると、非常に過敏になるそうです。

そしてこのシグナルは性犯罪者だけに起こるのではなく、いろんな衝撃的な行動に共通しています。

そのため、このデバイスが実用化されるとなれば‥

 



 

自殺願望や薬物中毒

ケーシー・ハルパーン博士によると、

「このデバイスが実用化されれば、自殺や薬物、飲酒や暴飲暴食などの依存行動も抑制可能」

との事で、性犯罪者だけではなく、幅広い衝撃的な行動を抑制して悩んでいる人々を救えるようになるのです。

 

パーキンソン病の治療

現在のパーキンソン病の治療では、脳深部刺激療法デバイスが用いられていますが、あらかじめ入力されたプログラムに従って決まった時間と間隔でしか、脳を刺激することができません。

そこでケーシー・ハルパーン博士は、脳のシグナルに反応してデバイスが作動するようなプログラムの開発も行っています。

 

ネットの反応

「性犯罪者への対応は、日本は遅れている」

「早く開発されて実用化してほしい」

「悪用されたらヤバイやつやん」

「人間もロボットに近づいているような気がする」

というようなコメントが寄せられていました。

 

未然に防ぐ

今回は性犯罪者に対しての開発中のデバイスを紹介しましたが、あなたはどう思いましたか?

早く実用化されて、1件でも多くの性犯罪が未然に防げるよう望みます。

 



<参照元サイト>
カラパイア
http://karapaia.com

性犯罪者の脳に埋め込み刺激を与え、性衝動を抑制するデバイスが開発中
http://karapaia.com/archives/52251067.html