【 動画 】謎の未確認生物、チュパカブラの実態とは!?

 

 

謎の未確認生物 チュパカブラの実態


カズキ

こんにちは、カズキです。

未確認生物チュパカブラ。実態に迫ります。


チュパカブラとは?


カズキ

過去に、この生物によって家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、

スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、

「ヤギ」という意味の「カブラ」から、

「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった。


目撃情報

カズキ

1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、

チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例がある。

その被害は家畜に留まらず、人間も襲われている。


 

奇妙な水死体が見つかる (動画)


カズキ

南アメリカ中央南部に位置するパラグアイ、イタプア地区のカルメン・デル・パラナにある川の浅瀬で奇妙な水死体が見つかった。
地元ではこれは伝説の吸血生物、チュパカブラに違いないと思っている人が多いという。


専門家の見解


カズキ

専門家は「調査結果によるとサルの一種かと思われるが、死体の損傷が激しく分解が進んでいたために、正確な特定には至らなかった」と述べた。
法医学者のパブロ・レミール氏は「ヒューマノイド化した猿のようにも見えるが、部分的に分解されているので断定はできない」と語っている。


結論


チュパカブラって名前が良いよね。