【驚愕】死者の霊が関与するなんてありえないけど‥世にも奇妙な死を遂げた世界10のケース

 

 

 

死者の霊が関与?

世界ではまるで死者の霊が関与しているのではないかと思われるほどに、奇妙な死を遂げたケースも存在しています。

その死は本当に幽霊がもたらしたものなのか、それとも幽霊に対する恐怖心からなのか、真相はわかりません。

今回は、そんな10のケースを紹介します。

 

エジプト


http://karapaia.com/archives/52265003.html

ツタンカーメンの呪い

1920年代初めにイギリスの考古学者のハワード・カーター氏と第5代カーナーヴォン伯爵が発掘したのが、ツタンカーメンの墓です。

その後すぐにカーナーヴォン伯爵が亡くなり、発掘に関わる人々が次々に亡くなっています。

 



 

タイ


http://karapaia.com/archives/52265003.html

未亡人の幽霊

2013年、タイのタ・サワング地区では、10人もの男性が睡眠中や歩いている途中などに急死し、死因はいずれも呼吸器障害によるものでした。

しかし亡くなったどの男性にも病気などの異常はなく、住民が雇った霊媒師は男性たちの死が未亡人の幽霊によるものだと結論づけました。

 

イギリスその1


http://karapaia.com/archives/52265003.html

年老いた労働者の謎の死

1841年、イギリスのブリストルで高齢者の労働者、パドリック・ヘイズが宿泊していた宿の階段から転落して亡くなりました。

その宿の主人の妻であるメアリー・区ロッカーは彼が転落する音を聞き、「誰が落ちたの?」と叫ぶと「俺だよ。俺は死んでしまった」という声を聞いたと証言しています。

この宿には以前からシルクのガウンを着た女性の幽霊が出て、宿泊客をすでに2〜3人殺していたという話もありました。

 

 

イギリスその2


http://karapaia.com/archives/52265003.html

ハンマースミスの幽霊

19世紀の初め、西ロンドンのハンマースミス地区の墓場で、恐ろしい幽霊を見たという目撃情報が絶えませんでした。

その正体は自殺して教会墓地に埋められた男性の霊ではないかという話で、パトロールをしたところ、隊の一員だったスミスがその幽霊に遭遇。

スミスは正体を突き止めようと話しかけますが返事がなかったために発砲、しかしその相手は幽霊ではなく白い衣服をまとった石工職人のトーマス・ミルウッドだったのです。

 

ドイツ


http://karapaia.com/archives/52265003.html

ヒンテルカイフェック農場の一家殺人

1922年、ドイツのバイエルン地方にあるヒンテルカイフェック農場に住んでいたグルーバー一家とメイドが謎の死を遂げているのが発見されました。

1921年後半、この一家のメイドだったマリアは、家の周りで姿なき足音と声を聞いたとしてこの仕事をやめています。

彼らの死は幽霊によるものなのか、生きているものによる犯行だったのかは未だに判明していません。

 



 

イギリスその3


http://karapaia.com/archives/52265003.html

バネ足ジャックの事件

19世紀のランカシャー州では、バネ足ジャックという幽霊が恐れられていました。

ある日、7歳の少女のジェーン・ハルサルが「私のともだちが”バネ足ジャックが彼女の故郷に向かっているから気をつけて”と言ったの」と両親に話し、その夜に彼女は体調を崩して亡くなってしまいました。

検察は彼女の死は恐怖によるもので、裁判で幽霊であるジャックを有罪としたのです。

 

アメリカ

カール・プルーイットの呪われた墓

1938年、ケンタッキー州でカール・プルーイットが仕事から帰宅すると妻が別の男と一緒にいて、激怒したプルーイットは妻を殺害して自ら命を絶ちました。

その後、ある少年が墓地で遊んでいた時、ふざけて投げた石がプルーイットの墓石に当たって欠け、その直後に少年は不審な死を遂げています。

怒りの矛先を墓石に向けた少年の母親は、何度も斧で墓石を傷つけ、その翌日に彼女も亡くなっています。

 

 

アメリカその2

アルカトラズ刑務所のホールの霊

アルカトラズはアメリカでも最も呪われた場所の1つとして有名で、1940年代には19世紀後半の囚人服を着た男性の幽霊がホールを巡回しているという報告が数多く寄せられました。

またある時、囚人が光る目をしたものが独房の中にいると叫び出しましたが、看守は無視。

夜通し叫び続けていた囚人はそのうちピタリと静かになりましたが、翌朝看守が見たのは首に青藍色の指紋がくっきりと残る囚人の死体だったのです。

 

イギリスその4


http://karapaia.com/archives/52265003.html

19世紀の中頃に、イギリスのサウス・ヨークシャー州ではハンナ・ラリソンという女性が恐怖で死亡したという記録が残っています。

ハンナは幽霊を目撃して恐怖で気絶、その翌日に亡くなったのです。

 



 

アメリカその3

2009年、アメリカのアラバマ州に住んでいたジェイミソン一家が、ある日忽然と姿を消しました。

その4年後に彼らの遺体が発見されましたが、死因は不明のままで行方不明になった直後に亡くなったとされています。

またこの一家が姿を消す直前、家族は「幽霊に呪われている」と語っていたそうです。

 

恐怖!

今回は世にも奇妙な死を遂げた10のケースを紹介しましたが、どのケースも謎が残るものばかりでしたね。

彼らは本当に幽霊によって、死に導かれてしまったのでしょうか。

 

 
 

<参照元サイト>
カラパイア
http://karapaia.com

死者の霊が関与した?世にも奇妙な死を遂げた世界10のケース
http://karapaia.com/archives/52265003.html

<サムネイル引用元>
https://dailynewsagency.com/2015/11/08/the-discovery-of-tutankhamuns-tomb-u8z/