《世界最強の戦闘民族》サイヤ人を超えるグルカ兵の恐ろし過ぎる戦闘能力!!

リサ

こんにちわ、リサです。

今日は世界最強と呼び声の高い戦闘民族グルカ兵をご紹介するわ。


グルカ兵とは


一般的に、ネパールのグルカ族出身者で構成される山岳戦・白兵戦に非常にたけた戦闘集団。

リサ

だが、実際にはグルカ族なる民族は存在せず、マガール族、グルン族、ライ族、リンブー族などの複数のネパール山岳民族から構成されている。
その戦闘能力の高さから、世界最強の戦闘民族として認知されています。


グルカ兵 - 愉しい寄り道 - Yahoo!ブログ

武器はククリナイフ。

リサ

由来や歴史について謎の多い湾刀と呼ばれる刀の一種。


グルカランドとは


リサ

インドの西ベンガル州にあるグルカ族が住む土地よ。


もともとシッキム王国の一部だったが、18世紀初頭、カリンボンはブータンに占領され、1780年にダージリンの周辺はネパールから来たグルカ族の土地になった。インドの独立後、グルカ族はネパール語の公用語化を求めるなどして、西ベンガル州政府と対立し、1980年代には西ベンガル州からのグルカランド自治州としての分離を要求した。1986年にグルカ国民解放戦線(GNLF)による暴動が起きたが、暴動の後1988年に大幅な自治が認められて、ダージリン・グルカ・ヒル議会が確立された。現在は落ち着いているが、グルカランドの自治権の拡大を求めるグルカの武装勢力も存在する。

リサ

グルカランドの旗。
グルカの象徴であるククリナイフが描かれているわね。


世界最強と言われる理由がこちら!

https://ja.wikipedia.org/wiki/インパール作戦

インパール作戦


 1944年3月。第二次世界大戦当時のインドはイギリスの植民地だった。

そのインド開放を名目に大日本帝国陸軍はインドへと侵攻。
後に「無理、無茶、無謀」の代名詞となる史上最悪の作戦、インパール作戦が開始された。
元より勝算ゼロ、制空権も制海権も無く補給線も確保できない作戦の為に日本軍10万とインド国民軍4万5千が投入された。要は計画性皆無の物量作戦である。それでも帝国軍と国民軍は果て無きジャングルを切り開き、山を越え川を渡りインパールへと肉薄した。
ここでのグルカ兵の戦果が、後に彼らの名を世界に知らしめる事となる。

 

リサ

日本軍を恐怖のドン底に叩き落とした兵士…それがグルカ兵


殊作戦部隊として投入されたグルカ兵はゲリラ作戦を展開して、主力であるイギリス軍及びインド軍をサポートする役目を担った。最前線のジャングルに展開したグルカ兵は破壊工作を実行。奇襲や陽動を繰り返し、確実に日本軍を追い詰めていった。
主力であるイギリス軍が苦戦する中、唯一戦果を挙げ続けるグルカ兵の名前は日本軍に恐れられた。実際、グルカ兵の担当区であったビルマ西部における日本軍の戦死者の大部分は、グルカ兵と戦って戦死したものである。
後のイギリス特殊部隊SASの前身となるコマンド部隊なども展開しており、グルカ兵はSAS等の特殊部隊設立に大きな影響を与えたと言われ、SASと共に世界最強と認知されている。

受け継がれる最強民族の血



https://dailynewsagency.com/2011/03/26/afghan-gurkha/

イギリス軍の中でも勇猛無双で知られるグルカ兵たった1人が、十数名のタリバン兵を相手に…

ライフル弾やロケットが飛び交う中、たった1人で「ぶっ殺す!」と叫びながら機関銃の三脚を投げつけて暴れまわった、などにわかには信じられない鬼神っぷりだったそうです。
結局この戦闘で機関銃の弾250発、小銃弾180発を射撃、各種手榴弾12個とランチャーからの榴弾5発、クレイモア地雷1個を起爆させ、増援が来るまで検問所を守りきったのである。

インタビューの様子

リサ

インタビューの様子。
増援部隊の指揮官が到着を知らせるために彼の背中を叩いたところ、パン軍曹は「また敵が来た」と思ったそうだ。
間違って撃ってしまう危険はなかったのか、という問いには「もう弾がなかったから」と答えている。
「タリバン兵がやって来たと知ったときはすごく怖かった。でも撃ち始めてからは恐怖は感じなかった。殺される前に殺そうと思った」とパン軍曹。
この功績により、戦場での特に優れた武勇に対して与えられるConspicuous Gallantry Crossを受章した。

40人の武装強盗をたった1人で…


まだある驚きのエピソード、、、 

ククリナイフ一本で暴れまわる


 

2010年9月。
ビシュヌ・シュレスタ元グルカ旅団伍長は、故郷・ネパールに向かう列車で40人の武装強盗に襲われた。
命あっての物種、と他の乗客から略奪を行なう彼らをじっと見ながら彼は沈黙を保つ。
しかし、盗賊達が18歳の少女を捕まえ強姦しようとしたその瞬間、ついに彼はキレた。

彼は、帯刀していた巨大なククリナイフを一気に抜き放ち、盗賊を後ろから羽交い締めにすると、そのまま盗賊を盾にしながら暴れまわる。そして、ひるむその他の盗賊の前で彼は盾にしていた男の喉を切り裂き、さらなる獲物を求めて哀れな盗賊に飛びかかっていった。
結局、3人の死者と8人の重傷者を出した盗賊は撤退していった。

ビシュヌ・シュレスタ元グルカ旅団伍長

出典ujita.co.jp

その後…

黙って見ていることしかできなかった少女の両親は彼に謝礼を申し出たものの「敵と戦うは兵士のつとめ。賊を倒すは自分の人間としてのつとめ」と、受け取ろうとしなかったそうである。

結論


ベジータもびっくり