海で一生を過ごす『 バジャウ族 』の驚きの生活とは?

 

リサ

こんにちは。リサです。

私が多くの少数民族を見てきた中でも
最も衝撃的な”場所”で過ごす『バジャウ族』
写真と動画で紹介していきます。

 


 

海の上で一生を過ごす、そんな文化が存在する


リサ : 私たちの生活から考えると、陸で生まれて陸で一生を過ごす。それが当たり前の文化ですよね。


リサ

しかし、世界にはそんな私たちの一生とは真逆の、
海で生まれ海でその最期を迎える人々が…..
想像し難い文化ですが、確かに存在するのです。


海の上の漂流民族。その名は『 バジャウ族 』


リサ

私たちの想像をはるかに超える人生を送っている民族の名は「バジャウ族」。
一体、どんな民族なのでしょうか。


その全てが想像を超越!国籍のない「バジャウ族」の正体とは

リサ : では、その「バジャウ族」とは一体どんな民族なのでしょうか。


出典: 500px.com

リサ

「バジャウ族」は、数百年も前からフィリピン・マレーシア
インドネシアなど海域で生活している漂流民族。
元々は漁業を生業とするイスラム教徒だったらしい。
住居は舟の上や高床式の家、つまり海の上なのだとか。
私たちがよく船に乗ると「船酔い」をしてしまいますが、
彼らはその逆、陸にあがると「陸酔い」してしまうのだそう。
そしてもちろんのこと、彼らには国籍などありません。


リサ

潜水用具などは一切つけず、己の身ひとつで海の中に潜り
海底を歩きながら獲物を狩るのが彼らの生きる術。
独特な潜水法で、約20mまでの海底を歩くことができるのだとか!
信じられない話ですが、これが彼らにとっての普通。


 

どうやって生活しているの?

 

リサ

そんな漂流民族「バジャウ族」、
一体どうやって生まれどうやって生活しているのでしょうか。


 

リサ

みなさんの想像通り、彼らは海の上で子供を出産します。
そして海の上で育ち、生活していくのです。
食べるものは海中でとれた魚などが主。
捕った真珠やナマコなどで精巧な工芸品を作り、
それを販売し現金収入を得ているのにも驚きです。


そんな彼らの生活が、こちら

[youtube]MgRpwESWPLM[/youtube]

そんな「バジャウ族」、実は近い将来、消滅する可能性が。

リサ

海の民として様々なメディアにも取り上げられ、

世界的にも有名になった「バジャウ族」。

しかし近い将来、バジャウ族が消滅してしまうかもしれないのです。


リサ

その理由は、彼らの活動範囲が国境地帯に位置しているおり、
紛争の防止や海域資源の保護のため、一部の周辺国が
バジャウ族を陸地に定住させようと計画しているから。


リサ

中には「バジャウ族」の職業である漁業を捨て、
農業に転向し、陸で水田稲作を営むバジャウ族もいるのだとか。
残念ながら、世界でも珍しい漂流民族が消えてしまう日はそう遠くないかもしれません。


出典: 500px.com

彼らの本当の「幸せ」とは。

 

出典: www.fksa.org

リサ

少なからず不衛生な海の上で生きて行くのか、

はたまた生活の拠点を陸に移し、私たちと同じような生活を送るようになるのか。

彼らにとって本当の「幸せ」は、果たしてどちらの生活なのでしょうか。

世界中の人々が、今後も彼らの動向に注目していかなければなりませんね。


 

結論


バジャウ族尊敬します。