【恐怖】死ぬ1秒前に人が体験する14のステップ!臨死体験が科学的に解明し、怖すぎると話題に…

 

 

 

臨死体験者の話

アメリカの有名な心理学者であるレイモンド・ムーディ博士は150人を超える脂肪が確認されて生還した臨死体験者のケーススタディーから共通する14のステップを明らかにしました。

解明されたその14のステップがこちら。

 

1.死の宣告を聞く

人間の五感のうちで最後まで残っているのは聴覚といわれていて、臨死体験者は医師が自分の死亡宣告をする声をはっきりと聞いています。

 

2.未知の快適さ

今までには感じたことがないような平和と安堵に包まれて喜びを感じ、今までに経験したことがないような快適さを感じます。

 



 

3.奇妙な声を聞く

ある若い女性はなんとも言えない美しい音楽のような音を聞いたとのことで、聞こえる音は様々ですが突然奇妙な声が聞こえてきます。

 

4.真っ暗な空間へ

臨死体験者は突然真っ黒な空間に引き込まれ、空気の円柱のようなもので境界があり、現世とあの世の仕切りのようなものが存在しています。

 

5.自分の抜け殻を見る

臨死体験者は、自分の体をまるで抜け殻のように見ることができます。

ある男性は、自分の体から抜け出してまるで羽が生えているように浮かんでいたと語っていました。

 

6.自分の話は聞こえない

臨死体験者が今の状況を必死に伝えようとしても、誰の耳にも聞こえません。

ある女性も話そうと試みましたが、誰にも聞いてもられなかったと語っていました。

 

 

7.自分の体に出入りする

時間の感覚は失われていて、自分の抜け殻のような体に何度も出たり入ったりします。

 

8.研ぎ澄まされた感覚

聴覚や視覚は今までにないほどに敏感になり、ある男性は今までにないほど視力が良くなっていたと語っています。

 

9.孤独を感じる

誰に話しかけても話が聞こえず、少しずつ感じ始めるのが孤独です。

誰も自分の存在に気づいてくれないなんて、想像しただけで淋しくなりますよね。

 

10.人が寄り添う

強い孤独感を感じて初めて、周囲に人が寄り添っていることに気づきます。

この人たちは彼らがあの世に行く手助けをするか、命がまだ終わっていないことを知らせるか、考えられる時間になります。

 



 

11.光の存在

臨死体験の最後の方には、強烈な光が出現します。これは現世からの迎えのようなものでしょうか。

 

12.走馬灯

今までの自分の人生が、走馬灯のように駆け巡ります。

時系列で出来事が再現され、その時の感情や感覚までもう1度味わうことができるのです。

 

13.境界線で隔絶される

境界線の形状は煙や水、門や1本の線など様々ですが、臨死体験者を隔絶します。

ここまで13のプロセスを経て、迎えるのは‥

 

14.蘇生

この瞬間、多くの人たちがふっと自分の体に入るのを感じたと語っています。

死の直前には、自分の人生に対する評価が下されるといわれています。その判定基準は、「一生のうち、どれだけ愛や思いやりを他人と共有できたか」なのだとか。

また、実際に臨死体験をした芸能人たちは?

 

 

GACKTさん

GACKTさんは7歳の時に海で溺れて、水中に引っ張られてやがて音もなにも聞こえなくなると、まるで何かに包まれているような優しい感覚を体験しています。

そしてその直後、生まれてからの記憶が走馬灯のように駆け巡ったと語っていました。

 

ビートたけしさん

ビートたけしさんはバイク事故で生死の境をさまよった時、その数年前に亡くなった親友の逸見政孝さんと再会してメッセージを受け取ったと語っています。

まだやることが残されている、というようなものだったのでしょうか。

 



 

加藤茶さん

加藤茶さんは入退院をして投薬治療をしている時に、薬が合わずに死にかけたことがあるとのことでした。

その時にいかりた長介さんが三途の向こう側に見えて、慌てて引き返したと語っています。

 

ネットの反応

「インフルの時8、9みんな体験するよなあ」

「あの世はそんなに楽しい所なのだろうか。だって亡くなった人が一回も帰ってきてくれないのだから」

「9多いな….あ、俺ぼっちだから当たり前か」

「5は体験したことある…」

というようなコメントが寄せられていました。

今回は臨死体験について紹介しましたが、もし身近に同じような経験をした方がいたら話を聞いてみてくださいね。

 

<参照元サイト>
http://japanese.china.org.cn/culture/2011-08/31/content_23322487.htm