中学時代に私を襲った男と再会⇒男「今夜泊まっていく?」私「うん」⇒その後、私メモ『私、エ○ズです』⇒結果…。

 

 

中学時代のいじめ

絢子さん(仮名)が当時通っていた中学校は不良が非常に多い学校でしたが、絢子さんは喫煙や飲酒はしない、勉強はしないけどテストでは高得点、手先が器用で美術関係で賞を取ったりしていました。

それがクラスメートには面白くなく、ひどいいじめが始まったのです。

 

 
 

 

いじめられる方が悪い

当時の担任は絢子さんへのかなり犯罪的ないじめ知っていましたが、そんな生徒たちを恐れて「いじめられる側が悪い」と見て見ぬ振りをしていました。

絢子さんはこんな連中たちと一緒の高校に通いたくないので、必死に勉強した結果!