核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」は絶対に使ってはいけない!?被曝後に使うとやばいことに…

世界がどうなるかわからないこんな時代だからこそ、できる範囲で自分の身を守るという意識を持つことは大事なことなのかもしれませんね。

グアムと北朝鮮のミサイル問題で色々と騒がれていますが、もし現実に核爆弾が使用されたら、『コンディショナーは絶対に使ってはいけない』というなんとも拍子抜けしてしまいそうなニュースが飛び込んできました!

屋外で被曝した場合


出典元

グアムでは核攻撃に備えて市民にマニュアルまで公開されているようです。
万が一ミサイルが発射された場合、日本も決して他人事ではないですよね。

マニュアルには爆発を直視しない、放射性物質の拡散を防ぐため衣服などは密閉するなど、私たちにも理解できる内容が記載されています。

その中に、コンディショナーは使用してはいけないと書いてあるのです!

なぜ使用禁止なのか?

石けん、シャンプーは汚れを落とすので大丈夫だそうです。

コンディショナーに含まれる「カチオン活性剤」という化学物質が問題だといいます。

のりのような役割をして、放射性物質が髪にくっつき、キューティクルに入り込んでしまうのだとか…

そうなったらあなたもあなたの家族もずっと外部被曝をうけたまま…

化粧品もだめ!?

オイルを含んでいる化粧水、保湿剤、化粧品も空気中の放射性物質を引きつけて、肌に浸透する可能性があるそうです。

日本のマニュアルにはこれらのことが記載さえていないとのことなので各自しっかり胸に留めてください。

それにしても、コンディショナーや化粧水まで危険扱いされる日がくるとはなんと住みにくい世界になったのでしょう。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.sciencealert.com
http://tocana.jp

性犯罪が多い国ワースト5が超ヤバイ!!11歳未満の少女に被害が多発!日本は第何位?


日本では話題になることがあまり多くない性犯罪事件。
つい最近では、ある女性が勇気を出して涙ながらに被害を訴え話題になりました。

WHOは2013年、世界中でおよそ「3人に1人」の女性が、生涯のうちに少なくとも一度は性的または肉体的な暴力を受けた経験を持つことを発表しています。

今回は世界の統計データを参考にしながら、世界と日本の性犯罪の実態を見てみましょう!

ワースト5!!


出典元

・第5位:インド

女性に対する性犯罪件数が年々上昇傾向にあるインドでは社会問題ともなっています。

被害女性の3分の1が18歳未満、なんと10人に1人は14歳未満だとか…

さらに犯人は隣人、親戚、両親などの面識のある人物が大半だそうです。

・第4位:イングランド・ウェールズ

「紳士の国」のイメージがある英国ですが、性犯罪は急上昇しています。
なんと1日平均で60人にも上るそうです…

13〜18歳を対象とした調査では少女の3分の1、少年の6分の1が性的暴力を経験しているといいます。

・第3位:米国

米国人女性の5人に1人が生涯のうち性的虐待を受けた経験を持つといいます。

権利を主張するイメージが強いアメリカですが、70%の人は警察に通報しないそうです。

歌手のマドンナやレディー・ガガも性犯罪を受けたことを告白しています。

・第2位:スウェーデン

スウェーデンといえば世界一「性教育」が進み性に開放定期なイメージがありますが、女性の4人に1人が被害者となるほど実際は悲惨な状況です…

つい最近も、性犯罪が相次ぐためスウェーデン最大のロックフェスティバルが中止と決まったばかりですね…

・第1位:南アフリカ

なんと40%以上の女性が生涯のうち性犯罪に遭うといいます。

全性犯罪被害者のうち、約40%が未成年であり、15%は11歳未満の子供…

南アフリカの現大統領であるジェイコブ・ズマ氏も過去に堂々と性犯罪を犯した事があると発言したほど…

日本では?

日本における性的暴行事件の発生率は、対象となった119カ国のうち日本は105位と他国にくらべて低いとされています。

しかし、警察に相談する女性の割合は平成23年度でわずか3.7%とほんの一握りです。

「なかったこと」にされてしまう性犯罪ですが、泣き寝入りする女性がいなくなり、少しでも犯罪が減少することを願います。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://tocana.jp
http://www.wonderslist.com

自分の身体がキャンバス!世界が注目する「トリックメーク」に脳が歪む!韓国の美人アーティストの妖艶さをご覧あれ!!


“トリックアート”ならぬ”トリックメーク”。
自らを「イリュージョン・アーティスト」と名乗り、新たな領域を開拓している韓国人アーティスト、ユン・ダインさん。

1993年ソウル生まれの23歳。
韓国芸術総合学校出身で、最近創作活動を始めたばかりだという彼女の作品が世界で注目を集めています。

・肉体がキャンバス

アクリル絵具を用いて、ボディペインティングを施すというユニークな作風。
ペインティングに12時間もかかることもあるそうです!

それでは一気に作品をご紹介します!

 

脳が追いついていきません…
作品に引き込まれるように見入ってしまいます。

日本でもあの人がやっていた!!

なんと日本でも”トリックメーク”に挑戦している人がいました。


出典元

LiLiCoさんが去年のハロウィンで変身した姿ww
普通にすごい!

まだ活動を開始したユンさんの今後の”のびしろ”が楽しみです。
今回の彼女の作品は全て彼女のInstagramで紹介されているので気になる方は是非覗いてみてください!

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
https://www.instagram.com
http://tocana.jp