常識を覆す発見!3人の親を持つ子ども?プラスチックに潜む脅威?科学技術の進歩は人間に幸せをもたらすのか…

リュウジ : こんにちは。リュウジです。
科学の進歩はめざましいものがありますね。


レイヤ : 昔だったらSF映画にあるような夢のような技術も存在しています。


バイオ3Dプリンタ


出典元

業務用から家庭用まで、今や珍しくない3Dプリンターですが、人間の臓器や組織まで作れる時代になっています。

肝臓、腎臓、心臓などの臓器の作成が世界各地で実験され、成功例もでていますが、人間に移植された例はまだ報告されていません。

リュウジ : 臓器移植を待っている人は沢山いるので期待したいですね。


地球に似た7惑星発見


出典元

米航空宇宙局(NASA)が39光年先の宇宙に、地球に似た太陽系外惑星7つを発見!

大きさは地球とほぼ同じどころか、なんと一部には海が存在する可能性もあるそうです。

惑星を探査したり人間の移住はさらなる技術革新が必要ですが、地球外生命への期待は高まります!

3人の親を持つ子ども


出典元

2016年、3人の遺伝子を持つ子どもが世界で初めて産まれました。

男児の母親はリー脳症という遺伝性の難病のため、母親のミトコンドリアの遺伝子変異を受け継がないようにドナーの正常なミトコンドリア細胞を使ったそうです。

レイヤ : 倫理的問題を指摘する声や、将来産まれた子どもにどんな影響があるのかはまだわからない状態ではあります。


ロボット手術


出典元

現在のロボット手術といえば、まだ外科医が操作する「手術ツール」といえます。
しかし2016年、完全自動で手術ができる「Smart Tissue Autonomous Robot (STAR)」と呼ばれる高性能ロボットが、ブタの腸管吻合に成功。

近い将来、外科医の仕事が奪われる日がくるのでしょうか?

リュウジ : ロボットの縫合の方が外科医よりも上手かったそうです…


プラスチックが不妊の原因?


出典元

プラスチック製品に多く使われているビスフェノールA(BPA)という化学物質。

女性ホルモン的な働きをするので、食品や飲料に溶け込んだ場合、不妊や子宮の腫瘍の原因になる可能性があります。

レイヤ : 私たちの生活は生まれた時からプラスチック製品に溢れかえっていますね…


いかがでしたか?
興味深いものばかりでした。

ホーキング博士がかつて「AIを完全に開発したら、それは人類の終焉を意味する」と取材で答えていたことを思い出しました…

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.therichest.com