電気は1日5時間しか使えないのに人口密度はマンハッタンの4倍。なのになぜか楽園な小島とは?

http://www.amusingplanet.com/

コロンビアの沖30km程のサン・ベルナルド諸島に「サンタ・クルズ・デル・イスロテ」という小島があります。

珊瑚でできた小さな島で、9,700平方メートルしかありません。

レイヤ : すごい・・・サッカー場の1,5倍しかない!


にもかかわらず、この島にはなんと1,200人もの人々が住んでいるのです。

リュウジ : 人口密度はマンハッタンの4倍なんだって!


そしてなんと、電気は1日5時間しか使えません・・・!
究極のサバイバル島。

こんなに不便な島なのに、なぜこんなに大勢が暮らしているのでしょうか・・・?

http://www.amusingplanet.com/

150年前の言い伝えによると、バルという町の漁師たちが真水を求めてこの島に上陸し、夜を明かしました。
ただの島、たかがが島ー。
驚くべきことに、非常に快適な一夜だったのです!

なぜこんなにも快適だったかというと、蚊が全くいなかったのです。
それは、この地域ではとても珍しいことで、平和な夜を過ごした漁師たちは、この島で暮らすことを決めました。

それがこの島のはじまりだったのです。

島民のほとんどは、漁師か、あるいは近くの島のリゾートで働いており、現在の島の経済は観光に大きく依存しています。
日本も世界の大陸に比べれば小さな島国ですが、こんな島があったなんて驚きですよね。

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉http://www.amusingplanet.com/