隕石の衝突があと30秒ずれていたら、恐竜の世界が続いていたという衝撃の仮説

ヒロアキ : もし恐竜たちを絶滅に追い込んた隕石がずれてたら、今頃全くちがう世界になっていたかもしれないって?!


リュウジ : そう、あとたった30秒ズレてたら、隕石は海に落ちていたらしいよ


進仮説

BBC releases trailer for new dino show

恐竜を絶滅に追い込んた隕石の衝突は、地球上の生命の4分の3までを一瞬でなぎ払いました。

衝突で空気中に舞い上がった塵が太陽の光を遮り、気候を大幅に低下させ、深刻な食料不足に陥ったために、生き残っていた恐竜たちも数年後には消えてしまいました。

そんな隕石がもしたったの30秒だけ後先関わらずズレていたら恐竜はおそらく生き残っていたという仮説が発表されたのです。

隕石衝突を調査

BBCの「The Day The Dinosaurs Died(恐竜が死んだ日)」という海外の番組で、6,600万年前にユカタン半島から約40キロ離れた場所で起きた隕石の衝突を調査しました。
その結果、落下地点は硫黄化合物が豊富な地域であり、これが一層雲を分厚くさせたことが判明したのです。

専門家に言わせれば、あの日の隕石は「極めて残念な場所に落ちた」というわけなのです。

リサ : それも運命だったのか・・・


リュウジ : 隕石が落ちたときってどんなんだったんだろう?


隕石が衝突した瞬間、最大1,000億トンの硫黄が大気中に巻き上げられ、それが原因で10年間、地球は寒冷化しました。

リサ : 氷河期ってやつね


今思えば、恐竜の絶滅は人類にとっては都合がよかった話ではありますが、もし恐竜が絶滅していなかったら・・・と考えると少し見てみたい気もします。
が、恐竜が生きているということは、私たち人間なんてすぐに食べられてしまうので、共存している世界は夢のまた夢のようですね。

隕石が落ちたのは幸か不幸かーそれはこれからの我々の行い次第かもしれません。

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉
BBC releases trailer for new dino show