すごアラブ。水不足解消の為、南極から氷山を引っ張ってくるという壮大な計画が来年スタート(アラブ首長国連邦)

驚きの計画

なんと、中東アラブが

2018年より南極の氷山を引っぱってくる

予定だというのです・・・!

いくつかの研究から、25年続くと言われている中東の干ばつ問題。

ナショナル・アドバイザービューロー・リミテッド(NABL)の取締役アブドラ・モハメド・スライマン・アル・アル・シェヒ氏は、

平均的な氷山は「200億ガロン以上の水」を含んでおり、5年間100万人分の水を賄うことができる

と説明しています。

氷山の牽引開始は2018年を予定しており、そこから1年かけてアラブまで引っ張ってくるのだそうです。

その膨大な質量のために、氷山は5分の4が海中に没しており、中東沿岸部のうだるような気候においても理論的には溶けないと予想されています。

カズキ : 多少小さくなったとしても元々の塊が大きいから大丈夫そうだね


リサ : お金持ってる国はやることが違う!(笑)



http://www.express.co.uk/

無事アラブまで運んでくることができたら、あとは海面から出ている部分を削って溶かしたものを大型タンクに貯蔵し、
きちんと処理したのちに飲料水として提供する。

アル・シェヒ氏によると、氷山はさらに気候に影響して水不足を緩和してくれる可能性もあるそうです。

氷山が空気を冷やし、凝集させるめに、気圧が低下し、
これによって雲が形成され、湾岸やアラビア半島南部で暴風雨の発生が期待できるのだそうです。

さらにツーリスト向けのアトラクションとしての利用も考えられるといので、楽しみですね!

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉

http://www.express.co.uk/