126年の時を経て…英国犯罪史上最大の連続殺人鬼、切り裂きジャックの正体がDNA鑑定で明らかに。

 

ヒロアキ

こんにちわ、リュウジです。
今日は誰もが知っているあの人物についてです。
その名も切り裂きジャック・・・


ヒロアキ : 名前は確かに聞いた事がある…


都市伝説レベルの切り裂きジャック

no title

1888年、イーストロンドンのホワイトチャペル地区で、娼婦を狙った猟奇的な連続殺人事件が発生し、イギリス全土を恐怖のどん底に突き落とした。その手口はメスの様な鋭利な刃物でのどを切り裂き、内蔵まで摘出するという残酷なもので、判明しているだけでも5人の女性が犠牲となっている。

結局未解決に終わったこの事件の犯人は切り裂きジャックと呼ばれ、その正体を巡ってこれまで多くの説が唱えられてきた。また本や映画の題材にもなるなど、大勢の人間がその闇に魅せられ、想像力と好奇心をかき立てられてきた。

126年の時を経てついに、この犯罪史上最大の謎が、現代の科学捜査によってついに明らかとなったそうだ。

結論から言おう。

DNA鑑定により、切り裂きジャックの正体はポーランドからの移民、アーロン・コスミンスキであることがわかったそうだ。

リュウジ : アーロン・コスミンスキとは