神の怒り!?異常な自然現象、"鳴り止まない雷" ベネズエラ「カタトゥンボの雷」



リサ : こんにちは、リサです。
今回、南米ベネズエラは「カタトゥンボの雷」を紹介します。


鳴り止むことの無い雷

a8cdb1ce

 

 
同じ場所に2度落雷が起きることはないと言われるが、ここでそんな常識は通用しない。ベネズエラ北西のカタトゥンボ川がマラカイボ湖に流れ込む地点では、1時間に走る稲妻の数は3600本、1分間に最大28回もの落雷が起きる。1回の閃光の放電量は電球1億個分と言われており、間違いなく世界で最も電気を帯びた場所だろう。
 

 

dd1bdd43

 

尋常ではない稲妻

「マラカイボの篝火」や「終わりなき嵐」など、カタトゥンボの稲妻は様々な異名で呼ばれている。この辺りは、夜な夜な嵐が続くという尋常でない特徴で知られており、カタトゥンボ川に直撃する稲光は、その頻度ゆえに航海の目印に使われてきたほどだ。

a0d75f9a

d05b25c9