【驚愕】インカ帝国時代!?500年前から冷凍保存されていた少女が発見させた。解剖してみるとなんと…

リサ : こんにちは!! リサです。

今日は驚くべき写真を公開します。

それはなんと、インカ帝国時代の少女!?
冷凍保存されていて、まるで生きているみたい。。


500年間凍っていた少女

8f428519

 
「マチュ・ピチュ」で有名なインカ帝国は「神」に生贄として命を捧げてきた。人身御供とも呼ばれるこの行為は「カパコチャ」として知られ、飢饉や皇帝崩御の神事の際に国の安泰を願い行われてきたという。

1999年、標高6730メートルのアンデス山脈にあるルライラコ山で、3人の子どもたちのミイラが発見された。発見された場所は「インディオの石壁」と呼ばれる囲いの中で、これらのミイラは、今を遡ること500年以上前のインカ帝国時代に行われた、トウモロコシの収穫祭で生贄となった子どもたちだったと推測されている。

何故、生け贄になったのか

3b317039
 

当時、インカでは、帝国の発展と繁栄のため、太陽の神に子どもたちを捧げるという風習があった。生贄になった子どもたちは、神の国に派遣された大使として尊ばれ、死後信仰の対象になったと考えられている。