ハリーポッター全7巻を学習したAI(人工知能)にハリポタの新作を書かせてみたwwタイトルは「ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像」

 イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説であるハリーポッターを、Botnik Studiosというクリエイティブ集団が、ハリー・ポッターシリーズ全7巻をすべて学習した予測入力キーボードを使って、アルゴリズムを組み込んだAI(人工知能)にハリポタの新作を書かせた。

 その結果、タイトルを含め、はちゃめちゃだが、かなり面白いものになったという。

Botnik Studiosはツイッターにこうつぶやいた

ハリーポッター全7巻の内容を学習させた予測入力キーボードを使って、魔法の魅力がいっぱいのハリー・ポッター新作をAIのゴーストライターに書かせてみた。
image credit:twitter

ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像
 およそ3ページ分ほど新作のタイトルは『ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像』。

 ロンがハーマイオニーの家族を食べ始め、ふたりのデス・イーターがキスをし、ハリーは自らを盲目にし、ハーマイオニーはデス・イーターの顔を泥に埋め、ハリーは7ヶ月間、階段から落ち続ける。

 英文だがその全文はbotnikの公式ページに公開されている

 そのハイライトとなる文章をピックアップしていくと

・魔法とは、ハリー・ポッターがとても良いと考えたもの。

・ロンはクモになる。ちょうどなっているところだ。

・ハッフルパフのブタは大きなウシガエルのように鼓動した。ダンブルドアは笑って、その頭に手を置いた。「きみは今はハグリッドだ」

・ロンはそこに立っていて、熱狂的なタップダンスのようなものを踊っていた。ハリーの姿を見るなり、ハーマイオニーの家族を食べ始めた。

・ハリーは自分の頭から両目をえぐり出すと、それを森の中に投げた。ヴォルデモートは今はなにも見えないハリーに向かって眉を上げた。

・長身のデス・イーターが、”ハーマイオニーはダンスの仕方を忘れた”と書かれたシャツを着ていた。だから、ハーマイオニーはそいつの顔を泥の中に埋めた。

・ロンのシャツは、彼自身と同じくらい惨めだ。

・ハリーはまわりを見回して、その夏の間じゅう、らせん階段から転げ落ちていた。

 次の項目はすべて入れ替わっている。

・ハリーとロンとハーマイオニーは、醜く見えるデス・イーターたちの円の背後に静かに立った。

・ひとりのデス・イーターが言った。”わたしのことが好きなら、大丈夫だと思う”

・「どうもありがとう」もうひとりが答えた。最初のデス・イーターは、大胆にも前のめりになって、彼の頬にキスをした。

・友人がまた後ずさりすると、「ああ、お上手!」と二番目が言った。ほかのデス・イーターは全員、礼儀正しく拍手した。それから、数分かけて、ハリーの魔法を避けるための計画を考えた。

本文を精査し、文章のパターンを見つけるAI
 新作の文章はワイルドだが、これはすべてBotnik Studiosのプレディクティブ・ライタープロジェクトのおかげだ。

 この予測ライターは、本文をまとまりでとらえて精査し、文章のパターンを見つける。これまでどのような言葉が使われているかをベースに、いかに文章を紡ぎ出すか、そのための提案をする。

 これは、スマホのキーボードが、あなたがタイプした文章の履歴をベースに新たな文章を提案するのと似ていると、BotnikのCEOで共同創設者のジェイミー・ブリューは言う。

「Botnikの考えは、人間と機械がコラボして、どちらも単独では生み出せないものを考えつくことができようにすることだ」

 とくにハリー・ポッタープロジェクトでは、多くの人々がこの予測入力キーボードを使って(物語りも会話も両方)できたものをBotnikに提出することができた。

 編集者がその中から優れた文章を選び、章へと編集した。

 Botnikはほかの人気シリーズでも似たようなことをやってきた。『Scrubs~恋のお騒がせ病棟』や、『Xファイル』、『となりのサインフェルド』などの新作エピソードも書いている。

 Botnikのウェブサイトには、ショー、バンドやミュージカルアーティスト、ビデオゲームタイトルなどのための、さまざまな予測入力キーボードがたくさんある。
References:botnik/ translated by konohazuku / edited by parumo

http://karapaia.com/archives/52251711.html