男性にも生殖適齢期あり!高齢の父親から生まれた子どもにはリスクがいっぱい!?

女性の高齢出産ばかりがクローズアップされている傾向にある現代、意外と知られていないのが男性の高齢出産です。

男は何歳でも子どもを作れるから大丈夫だと思っている人はいませんか。

男性にも生殖適齢期、タイムリミットが存在するということが最近の研究により明らかになりつつあります。

・男性の高齢出産リスク


出典元

男性は40歳から精子の質と量が低下します。

男性の年齢が35歳以上で流産率が上昇し、40歳以上の父親から生まれた子どもは自閉症、うつ病を発症するリスクが数倍上がると報告されています。

さらに、生まれてきた子どもは癌を発症するリスクも上がり、男の子が生まれにくくなるとも言われています。

・最近の調査で新たにリスク判明


出典元

ドイツの大学の研究により、高齢の父親から生まれた子どもは、その子どもが成長し大人になったとき授かる子どもの数が少なくなるということが判明しました。

高齢の女性から生まれた子どもにはこの結果は当てはまらないそうです。

男の子が生まれにくくなり、さらにその男の子が父親になったとき授かる子どもが少ないと結果的に少子化は防げないということなのでしょうか…

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://tocana.jp

いまだに世界の海の95%は調査されておら...