キモくて戦慄!海岸に流れ着いた奇妙な生物!

いまだに世界の海の95%は調査されておらず、世界には未知なる生物が存在します。

今回は多くの人を怖がらせ、困惑させた、海に流れ着いた奇妙な生物をご紹介します。

モントーク・モンスター

2008年にNYのモントークで発見された悪魔のような生物。

発見された場所にちなんで「モントーク・モンスター」と名付けられましたが、動物学者たちによって腐敗したアライグマであると指摘されました。

後日3人の男性から死んだアライグマを燃やしたという証言があったのでアライグマで間違いなさそうです。

それより、死んだアライグマを燃やす男性たちが気持ち悪い。

牙が生えた魚

2014年、南アフリカのケープタウンで観光客によって発見された、牙が生えた魚。

ケープタウン大学の生物科学部によると、「klipsuier」という魚が干からびたなのではないかということです。

それにしても金目鯛にしか見えない…

巨大な目

2012年、ポンパノビーチで発見されたソフトボール大の目玉。

研究者によってメカジキの目だと判明しましたが、なぜ目だけが??

おそらく漁師が切り取って海に捨てたのだろうということです。

海のモンスター

2012年、サウスカロライナ州のフォリービーチで発見された、およそ3mも大きさがある得体の知れない生物。

水族館によりチョウザメだと判明しました。
キャビアがこんな気持ち悪い生物からとれるなんて…

NZの海の恐竜

2013年、ニュージーランドでジュラシックパークのロゴにしか見えない生物が発見されました。

全長およそ9mに尖った歯、この生物に関しては様々な憶測がなされましたが、海洋生物学者により特徴的な尾からシャチではないかということで決着がついたようです。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://mentalfloss.com
http://karapaia.com