若さへの執念!ドイツの女優、若さを保つ秘訣は350万年前のバクテリアを注射!?

いくつになっても若くいたいと思うのは女性の永遠のテーマなのだろうか?

45歳のドイツ人女優・マノシュのそんな願いを叶えてくれたのは、350万年前のバクテリアのようだ。


出典元

バクテリア「バチルスF」


出典元

2009年、ロシアの科学者たちによって発見された350万年前のバクテリア「バチルスF」。
このバクテリアは老化しないため、永遠の若さを叶える鍵になる可能性があるようだ。

モノシュは自らバクテリアを扱っている、ロシアのモスクワ国立大学の主任、アナトリ・ブロチコフ氏と連絡をとりサンプルをもらっているそうだ。

老化は病気

マノシュは「老化は病気」だと言い切るほど美に対して執着がすごい。
これまでにも、整形手術などに500万ほど費やし、今回の「バチルスF」に関しても周りから反対されながら現在3ヶ月注射を打ち続けている。

この得体の知れないバクテリアの効果に本人は「赤ちゃんの尻のように肌がスベスベで、気分も最高、ぐっすり寝れる」とご満悦のようだ。

若々しくいようとする気持ちは大事かもしれないが、色々なことをしすぎて逆に45歳より老けて見えるのは筆者だけだろうか…

彼女にとって「若さ」とは、彼女の名前「マノシュ」のように「魔の種」と言えるのかもしれない。


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.odditycentral.com
http://karapaia.com

いまだに世界の海の95%は調査されておら...