カンボジアで飼育されている変形した巨大なブタが発見される。その異様な姿に戦慄!!

通常ブタは皆さんが考えているより大きく成長するというが、今回カンボジアで発見されたブタは想像を超える大きさだという。

さらに巨大なだけではなく、歩き方、その形すらおかしいというのだ。

その異様に変形した巨大なブタをご覧いただこう。

筋肉隆々なこの異様さに遺伝子組換え種だという声もあがっているようだが、その詳細はいまだわかっていない。

大型ブタとして知られているヨークシャー種すら超えるというのだから、遺伝子組換えでなければ一体どんな飼育をされたのか…

食肉として流通している可能性もあり警戒されているようだが、もし遺伝子組換え種なら現在では違法ということになる。

消費者としては飼育にまで目が行き届かないからこそ、よりクリアにしてほしいものだ。

しかし、ブタも人間の被害者であるということも忘れてはいけない。

サムネイル:facebook


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.newsweekjapan.jp

いまだに世界の海の95%は調査されておら...