75年の時を経て掘り出された僧侶。科学では説明できないその姿に誰もが息をのんだ!


出典元

人間に平等に訪れる、老いと死。
不死というものは伝説と化しているが、どうやら近いうちその概念は覆されるかもしれない出来事が起きたようだ。

1927年に亡くなったロシアのラマ僧、ダシ=ドルジョ。

彼は死ぬ前に、弟子たちに自分の死後50年経ってから遺体を掘りおこすよう命じた。

・75年後


出典元

彼の遺言では50年後であったが、実際は2002年、彼の死後75年経ってから遺体は掘りおこされた。

みなさんはどんな姿を想像するだろうか?
死後75年、完全に白骨化した姿だろうか…

しかし、その場に居合わせた全員が息を飲む結果に…

・死んだ姿そのまま


出典元

なんと掘り起こされた彼の遺体は、蓮華座を組んで死んだ姿そのままだったのだ。

腐敗の後はほぼなく、皮膚は柔らかく張りがあり、関節もいまだ柔軟、死臭も一切しないという。

この信じられないような現象に科学者たちは誰もが首をかしげているそうだ。

・細胞は生き続けている


出典元

その後、彼の髪や爪などを採取した結果、いまだに細胞分裂が行われていることが判明した。

彼は現在ガラスケースに入れられ、イヴォルギンスキー・ダツァン寺院に安置されている。

この謎が解き明かされれば不死も夢物語ではなくなるかもしれない。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://boredomtherapy.com
http://www.viralnova.com

いまだに世界の海の95%は調査されておら...