ヒトラーはバイオレンス映画を見ながらオーガズムを得ていた!?暴露本で明かされた不気味な性欲にゾッとする!

ナチス・ドイツ時代にユダヤ人を大量殺戮したアドルフ・ヒトラー。
先日、ドイツで出版された彼に対する暴露本で驚くべき事実が発覚した。

「ヒトラーは大量殺戮によって自分の性的欲求を満たしていた」というもの。

この暴露本を書いたのは心理学者ヴォルカー・エリス・ピルグリム氏。

・暴露元は?


wikipedia

しかし、この本を執筆するにあたっては、ドイツ人女優のマリアンネ・ホッペの告発が元になっているという。

彼女は当時ヒトラーから寵愛を受けたトップスター。

終戦後はナチスの内部状況を語る活動を行ない、2002年に亡くなっている。
しかし、今になって彼女の新しい証言がでてきたのである。

・バイオレンス映画で昇天


wikipedia

彼女の証言によるとヒトラーはバイオレンス映画を見ている最中にオーガズムを得ていたという。

映画の中で苦しんでいる人を見てスリルを感じ、なんと自分の手で膝をこすり、膝を代用に一種のオーガズムを感じていたそうだ。

・戦争開始後は恋人との営みなし


wikipedia

ヒトラーといえば、エヴァ・ブラウンという長年の恋人がいた。

当時のベッドメイキング担当者によると戦争後には彼らの愛し合った跡が一切なかったそうだ。

連続殺人犯として暴力欲が性欲の代替品であったというのがピルグリム氏の見解だ。

ヒトラーの性癖を暴露したドイツ人女優、マリアンネ・ホッペの言葉をかりると、本当に気持ちが悪い…

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://tocana.jp
http://www.dailymail.co.uk

いまだに世界の海の95%は調査されておら...