あなたはこの超難問クイズを解けるか!?2問解ければエリートの仲間入り!

宝くじで7億円以上手にした男性。3年で使い果たした、みごとなまでの転落人生!


宝くじがあったたら…こんな会話をしているうちが花なのかもしれません。
大金を目にすると我をも忘れてしまうのが人間の性なのでしょうか。

今回ご紹介するのは2005年、宝くじで7億円以上のも大金を手にいれたイギリス人男性、当時52歳のピート・カイルさん。

年金生活だった彼は何年にもわたり、毎週同じ番号で宝くじを買い続けていたそうです。

そして運命の2005年7億円以上の大金を手にしたピートさん。

すぐにミニバーなどが備え付けれらた豪華な家を購入し、ボート、高級車など次々と高価な買い物を続けています。


3年で底をつく

1日で65万円浪費するような生活を続け、さらに投資に手を出し失敗。
億万長者の生活はあっけなく3年でピリオドを打つことに…

家を手放し、2008年には一泊2000円ほどの格安ホテルに住み込みで働いていたそうです。

さらに多額の負債を抱え、億万長者から生活保護受給者へ転落。

しかし2008年以降、スペインに行くといったきり彼の姿は目撃されていないそうです。
今どこで何をしているのか誰も知る由もありません…

お金は人を変えるというのは本当なのかもしれないですね。

普通が一番!
と思いつつも宝くじが当たらないかなっと思い続けます。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.mirror.co.uk