歩く速さで健康度が丸わかり?「歩行スピードは?」と聞くだけで将来の死期が予測可能!

歩行スピードは人それぞれだと思いますが、みなさんはどうでしょうか?

早足の人はせっかち、遅い人はおおらかなんてよく言われますが、歩き方はその人特有のものでもありますね。

しかしこの度、研究により歩行スピードは中年期以降の心疾患のリスクと大きく関わっている事がわかりました。

・6年分のビッグデータ

イギリスの研究によると、42万人の中高年を6年間にわたり追跡。
研究開始時には、心疾患の症状がない人が条件。

自己申告で歩行スピードを報告してもらい、定期的な運動能力も測定しています。

・1.8〜2.4倍もの差が!

研究期間である6年の間に42万中8600人が死亡。
そのうち、1650人が心疾患が原因で亡くなっています。

分析によると、歩行スピードが遅い人は早い人に比べて1.8〜2.4倍も心疾患が原因で死亡しやすいということがわかりました。

特にBMIが低い瘦せ型で細身の人は、年齢に伴う筋肉の減少も相まって注意するべきだといいます。

運動や食事の大切さがいかに大切かよくわかる研究なのではないでしょうか。


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
https://www.livescience.com
http://tocana.jp

いまだに世界の海の95%は調査されておら...