集団食中毒を手がけてきたプロが明かす絶対に食べない食品!

アメリカの弁護士であるビル・マーラーは20年以上、集団食中毒事件の被害者の代理人を務めてきました。
いわば、食中毒と食品安全に関するプロです。

これまでに食中毒被害者のために660億円以上損害賠償金を勝ち取ってきたそうです。
そんな彼が個人的に絶対に口にしないという食品を挙げてくれました。

・生牡蠣

これは有名どころですが、ついつい食べちゃいますよね。
しかし牡蠣だけでなく、他の貝類や甲殻類に起因する食中毒は温暖化によって多くなっているそうです。

海水温の上昇とともに微生物の数も増えているといいます。

・カット&洗浄済み野菜と果物

なんとマーラーが「疫病」というほど避けている食品。
1人暮らしの人などにとって、こんな便利なものはありません。

しかし食品の加工に多くの手が入るということは、それだけ食品が汚染される機会も増えるということだといいます。

・生肉

シェフ泣かせのマーラーはステーキは必ず「ミディアムウェルダン」以上の焼き方。
大腸菌やサルモネラ菌を死滅させるには、70度以上の加熱を要すると言っています。

彼にとってはユッケなんて自殺行為なんでしょうね。

・生卵

マーラーは20年前と比べて生卵で食中毒にかかるリスクは少なくなったけれど、それでもサルモネラ菌による食中毒も考えられるので食べないといいます。

ちなみに心配になった方、日本の卵は日本卵業協会によると、
Q:サルモネラに汚染されている卵の割合は?
A:おおよそ10万個に3個くらいといわれています。
心配であればサルモネラ菌は70℃ 1分で死滅するので加熱調理すれば安全です。
引用:日本卵業協会

・低温殺菌されていない牛乳やジュース

現在は低温殺菌により栄養が損なわれるという意見もありますが、マーラーからすると低温殺菌には害はないといいます。
むしろ低温殺菌しないほうが、細菌やウイルス、寄生虫の危険が伴うとのことでした。

SUSHIはいいのかなっと思いましたが、彼にとっては言うまでもなく却下なんでしょうか。
私は自分が一番美味しいと思う食品の状態で食べたいです。

それで訴えちゃうのがアメリカ。笑

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.nichirankyo.or.jp
http://www.iflscience.com

気持ち悪っ!なのになぜか見ちゃう中毒性。放置してたらグングン成長…ありえない本来の果物と野菜の姿に鳥肌もん


皆さんも野菜や果物を放置していたら芽がでていたなんていう経験ありますよね。

でも、トマトやアボカド…放置したらどうなるか知っていますか?

今回は気持ち悪い成長しきった野菜や果物をご覧あれ!

・紫キャベツ


出典元

キャベツ自体が鉢植え代わりになってるやないかーい

・ピーマン


出典元

ピーマン in ピーマン
ちょっとお得やないかーい

・トマト


出典元

ゾンビ化してるやないかーい

・アボカド


出典元

表面の黒いボツボツの方が気持ち悪いやないかーい

・イチゴ


出典元

知ってますか?
イチゴの種だと思われてるブツブツが「実」なんですよ。

だからその実の中に入ってる「種」が発芽するんです!
それにつけても気持ち悪いやないかーい!

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.boredpanda.es

【閲覧注意】ベッドで殺された2人のカップル、樽に詰められた死体…殺人にまみれた1910年代のニューヨーク!100年の時を経て写真で蘇る「 NYの犯罪現場と暗黒時代」

“人種のるつぼ”と言われるほど多種多様な民族が混在しているニューヨク。

現在では「世界の首都」と称されるほど急速な発展を遂げましたが、20世紀初頭のNYは今からは想像もできないほど血でまみれた街だったのです。

・凶悪犯罪の街


出典元

1910〜1920年の間に100万人近くまで人口が増加。
それに伴い犯罪も増加し、当時のロンドンと比べて10倍もの犯罪率を誇っていたNY。

その当時の悲惨な現場を収めた写真集『MURDER IN THE CITY New York 1910-1920』が発売されました。

マフィア間同士の対立による殺人、アルーコル依存症からくる殺人など当時のNYの風景をご覧ください。

過激な写真も含まれるため、苦手な方はご注意下さい。


出典元


出典元


出典元


出典元

モノクロ写真ながら、血生臭さが漂ってきます…


出典元

生々しい写真ばかりですが、怖いながらもなんとも味わい深い感じもしますね。
大発展を遂げるまでのNYの裏側に思いを馳せるの意外に感慨深いものがあります。

暗黒時代をアート化させてしまうNYにも「さすが!」っと思わずにはいられません。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://tocana.jp
ハリケーンや台風などの自然災害は私たち人...