エリート中のエリート!!世界が誇るエリート特殊部隊が最強すぎる!

 
 

普通に生活している限り、出会う事はないであろうエリート特殊部隊。
厳しい特殊な訓練を受け、最も恐れられる最強の特殊部隊は各国の誇りです。

普通のメンタルなら怖気付いてしまうような事もやってのけてしまう彼らはまさに現代には欠かせない存在なのではないでしょうか。

世界に存在する特殊部隊をご紹介します。

・スペイン海兵隊特殊作戦班UOE


出典元

1952年に志願者によって水陸両用部隊として設しました。

UOEへの入隊はかなり狭き門で、志願者の7〜8割が不合格になるそうです。
全員が不合格になることもあるといいます。

それだけ厳選されたメンバーということなのでしょう。

 
 

・フランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)


出典元

1973年に設立された200人ほどの部隊。
人質救出が主な目的で、今までに600人以上の人質を救出しているといいます。

フランスではメンバーの顔写真公開は法律違反になるそうです。

・イスラエル国防軍サイェレット・マトカル


出典元

主な任務は情報収集に重点を置いていますが、時には敵陣に潜り込む事もあるそうです。

入隊試験では医師や心理学者にチェックされながら、過酷な訓練に耐え抜いたものだけが入隊できるといいます。

 
 

・米海軍ネイビーシールズ(SEALs)


出典元

世界で最も名が知れ、各国の特殊部隊が模範にしていると言っても過言ではない部隊。

陸海空の全てに対応した特殊部隊で、特に9.11以降は激しい訓練をしているそうです。
さらにそのSEALsの中でも選ばれし者だけが入れる対テロリスト特殊部隊・DEVGRUもあるそうです。

ロシア、イギリスなど他国にも特殊部隊は存在します。

抱えているものの大きさが違いすぎて全く想像もつかない世界ですが、彼らなくしては国が成り立たないのも事実なのでしょう。

彼らを支える家族もきっと大変なんでしょうね。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.businessinsider.com
 
 
8月13日は「国際左利きの日」だったそうだ。 人類の10人に1人が左利きといわれるこの世界で、左利きの人がなん …
世界がどうなるかわからないこんな時代だからこそ、できる範囲で自分の身を守るという意識を持つことは大事なことなの …
自撮り画像をInstagramなどのSNSにアップするときにはいかに美しく、可愛く写真を加工するか! まるで詐 …
妊娠中にアルコールを大量摂取した場合、「胎児性アルコール症候群」を引き起こします。 結果として、小さな目、上向 …
女性の皆さん、男性の理想体型はありますか? 日本では”細マッチョ”が無難といったところでしょうか。 アメリカを …
通常の2時間映画でさえ、苦痛で寝てしまう人もいるのではないでしょうか? それを720時間、なんと30日間ぶっ通 …
口内を衛生に保ち、歯を大切にすることは健康寿命にもその人の印象にも影響を与えるのではないでしょうか。 今回は、 …
現代の奴隷の数は歴史上最高 出典元 奴隷なんぞいつの時代の話だと思う人もいるでしょう。 ほとんどの国は奴隷を違 …