ベンチで寝泊まり、ホームレス施設まで…大成功を収めたあのハリウッドスターがかつてホームレスだったなんて…意外すぎる人物に驚愕!

人生山あり谷ありとはよく言われますが、どんな人にも必ず挫折やどん底の時代があるものです。

私たちの憧れの的のような人物も決して楽な道だけできたわけではないようです。

今回は過去にホームレス経験があるハリウッドスターをご紹介します

ジム・キャリー

1994年公開の映画「マスク」で一躍有名になった緑の人、ジム・キャリー。
幼い頃、父親が職を失ったことでキャンピングバンでその日暮らし。

15歳で学校を中退しコメディアンを目指し不遇な時代を過ごしていましたが、1979年に米ロサンゼルスに移住したことで人生が一転。

当時有名だったコメディアンの目に止まり、スターへの階段を駆け上がっていくことになりました。

ハル・ベリー

1987年当時21歳だったハル・ベリーはニューヨークで女優を夢見て生活していましたが、生活は苦しく所持金がなくなりました。
母親からの仕送りも断られ、一時はホームレス用保護施設に住んでいたといいます。

しかし、この経験から誰にも頼るものかと思ったそうです。

なりふり構わず努力されたのでしょう。

ダニエル・クレイグ

映画”007″で6代目ジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグ。

彼もかつて俳優活動を始めた時はお金がなく、公園のベンチで寝ていたそうです。

お金欲しさに乗り気でない役の仕事を請け負ったことから多くのオファーがくるようになったそうです。

クリス・プラット

大学を退学してハワイへと移り住んだクリス。
酒とマリファナに溺れ、夜はバンで寝るというホームレスのような生活を送っていたそうです。

しかし、偶然女性監督と出会い、彼女の作品へのオフォーを受けたことがきっかけでハリウッドスターの仲間入りをはたしました。

人生はどこで変わるか本当にわかりませんね。
ただ凡人の筆者が言えることはただ1つ「ありあまるお金の1億分の1でもいいからくれ〜」くらいですかね。


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://listverse.com
http://tocana.jp/
いまだに世界の海の95%は調査されておら...