【閲覧注意】ベッドで殺された2人のカップル、樽に詰められた死体…殺人にまみれた1910年代のニューヨーク!100年の時を経て写真で蘇る「 NYの犯罪現場と暗黒時代」

“人種のるつぼ”と言われるほど多種多様な民族が混在しているニューヨク。

現在では「世界の首都」と称されるほど急速な発展を遂げましたが、20世紀初頭のNYは今からは想像もできないほど血でまみれた街だったのです。

・凶悪犯罪の街


出典元

1910〜1920年の間に100万人近くまで人口が増加。
それに伴い犯罪も増加し、当時のロンドンと比べて10倍もの犯罪率を誇っていたNY。

その当時の悲惨な現場を収めた写真集『MURDER IN THE CITY New York 1910-1920』が発売されました。

マフィア間同士の対立による殺人、アルーコル依存症からくる殺人など当時のNYの風景をご覧ください。

過激な写真も含まれるため、苦手な方はご注意下さい。


出典元


出典元


出典元


出典元

モノクロ写真ながら、血生臭さが漂ってきます…


出典元

生々しい写真ばかりですが、怖いながらもなんとも味わい深い感じもしますね。
大発展を遂げるまでのNYの裏側に思いを馳せるの意外に感慨深いものがあります。

暗黒時代をアート化させてしまうNYにも「さすが!」っと思わずにはいられません。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://tocana.jp
いまだに世界の海の95%は調査されておら...