母乳が大量にでる女性、1日6.4Lの母乳で4台の冷蔵庫もパンパン!今までに2.5トンもおすそ分け

 
 

米国オレゴン州に住む2児の母、エリザベスさん。

母乳分泌過多症という症状のため、毎日普通の女性の10倍の量にあたる6.4Lもの母乳がでます。

なんとこれまでに2.5トンもの母乳を寄付し続けてきたというから驚きです。

愛の労働


出典元

2014年に長女を身籠った時、母乳分泌過多症に気づいたというエリザベスさんは、以来2年半毎日休みなく搾乳し続けています。

地元の母乳がでない母親、同性カップル、早産の子供のための母乳バンクに渡している彼女は「愛の労働」だと言っています。

 
 

毎日10時間労働


出典元

1日5回の搾乳でかかる時間は5時間!

さらに母乳の保存・ラベル貼り・殺菌といった作業もあり、全部で1日8〜10時間費やします。

母乳バンクから謝礼はでますが、備品や母乳を提供し続けるために体に必要な食品を購入することに使っているそうです。

恐怖からの始まり

始めたばかりの時は、もし母乳がでなくなって自分の子供にあげられなくなったらどうしようと恐怖だったそうです。

今では人との繋がりや、社会に参加しているという気持ちの方が強いといいます。

 
 

搾乳は楽しくないし、不快で痛いと語るエリザベスさんですが、多くの人を助けているという思いが彼女を動かしているのでしょう。

愛の労働とはいえ、2年半1日も休むことなく続けているなんてすごいですね。

日本では2014年に母乳バンクができましたが、設備的なことも含めてまだ普及するには時間がかかるでしょう。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://karapaia.com
 
 
8月13日は「国際左利きの日」だったそうだ。 人類の10人に1人が左利きといわれるこの世界で、左利きの人がなん …
世界がどうなるかわからないこんな時代だからこそ、できる範囲で自分の身を守るという意識を持つことは大事なことなの …
自撮り画像をInstagramなどのSNSにアップするときにはいかに美しく、可愛く写真を加工するか! まるで詐 …
妊娠中にアルコールを大量摂取した場合、「胎児性アルコール症候群」を引き起こします。 結果として、小さな目、上向 …
女性の皆さん、男性の理想体型はありますか? 日本では”細マッチョ”が無難といったところでしょうか。 アメリカを …
通常の2時間映画でさえ、苦痛で寝てしまう人もいるのではないでしょうか? それを720時間、なんと30日間ぶっ通 …
口内を衛生に保ち、歯を大切にすることは健康寿命にもその人の印象にも影響を与えるのではないでしょうか。 今回は、 …
現代の奴隷の数は歴史上最高 出典元 奴隷なんぞいつの時代の話だと思う人もいるでしょう。 ほとんどの国は奴隷を違 …