お金持ちか貧乏なのか、その人の表情からわかるだと〜!経済状態はすべて顔に出ていた事が判明!

初対面でその人がお金持ちなのか貧乏なのかわかってしまうとしたら…

まさに「目は口ほどに物を言う」と言われるだけあります!

カナダ・トロント大学で行われた最新の研究によると、普通にしている時の顔の表情で、その人物の経済状態を読み取る事ができるそうです。

では、早速見てみましょう!

・10代後半から20代前半までに顔に表れる

実験では、被験者の普通の顔を写真に撮り、その写真を世帯の所得に応じてグループに分けました。
(世帯年収600万円未満、1,000万円以上など。中央値は約750万円)

その写真を別の被験者たちに見てもらい、その人物が裕福か貧乏なのか直感で答えてもらうというもの。

被験者が18〜22歳までの学生だったことから、経済状態の痕跡は10代後半から20代前半までに現れるといいます。
つまりは、親の経済状態が良いかどうかということでしょうか…

・どのグループが一番お金持ち?

下の画像は4人の顔の表情を変えたものです。

では、A,B,C,Dのグループ写真のうち、どのグループが一番裕福か直感でお答えください!


出典元

正解は…

A!!

ちなみに、Bが一番貧しい表情だそうです。

筆者が皆さんの心の声を代弁させて頂くと、、、、

違いが全くわからなーーーい!

実際の研究でも正解率は53%で、無作為な選択よりもわずかに上回ったということ。
できればもっと高い正解率の実験を発表してもらえないでしょうか?と言いたくはなりますが、朗報もあります!

この実験はあくまで普通の表情にのみ当てはまり、笑顔など別の表情ではわからないそうです。

つまり、別の表情を作れば、顔に刻まれた痕跡は隠すことができる!

自信がない人は面接などで普通の顔を少し崩しましょう。

しかし、顔はある程度その人物像をあらわしますよね。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://karapaia.com
https://www.researchgate.net
いまだに世界の海の95%は調査されておら...