「エルフになりたい!」超絶イケメンが臨んだエルフ化への道・・・ここまでやるか!

 
 

エルフになりたい


http://www.odditycentral.com/

リサ
え!なにこのイケメン!♡
マサヤ
このままでも十分なのに・・・世の中って不公平だよなぁ

彼は、アルゼンチン出身のルイス・パドロンさん、25歳。
無類のエルフ好きで、生まれ変わるのなんて待てないから今世でエルフになる!と決意しました。

なぜ彼がそんなにもエルフになりたいのかー。
その背景には、幼少期のつらい体験の中でファンタジーの世界に出逢いがありました。
ルイスさんは子どものころ、いじめられっ子だったそうです。
彼をつらい現実世界から救ってくれたのが「ネバー・エンディング・ストーリー(はてしない物語)」などのファンタジー系映画や小説だったのです。

大きくなっても友だちはほとんどできず、ますます妖精や天使に夢中になったルイスさん。
それまでは好きなキャラクターのコスプレをして楽しんでいましたが、14歳ごろから本当に妖精や天使になってみたいと思うようになったそうです。

 
 

改造には数百万


http://static.twentytwowords.com/

リサ
痛そう・・・

20歳を迎えたルイスさんは、自分改造計画をスタートさせました。
ボトックス注射、顎の脂肪吸引、鼻の整形、レーザーでのそばかす除去、皮膚の漂白、全身脱毛・・・さらには、茶色だった目の色をクリスタルブルーに変えました。

レイヤ
え、目の色も整形で変えれるの・・・!?恐ろしい・・・

さらに今後の目標は、顎をもっとシャープに、目を猫のような形に、そして肋骨4本を取り除いてウエストを薄く、細く・・・。
背を高くする手術にも興味があるといいます。

「他人に理解してもらえるとは思わないけれど、ファンタジーの世界は僕の人生を多くの点でよりよく変えてくれた」

ルイスさんはそう語っています。
ここまで徹底してやれる根性があるならもうこわいものはないですよね。
美容グッズには月に50万円ほどかけているそうですが、モデルのお仕事で生計を立てているそうです。
エルフ化が成功した暁には、また新しい仕事が舞い込んできそうですね。

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉http://twentytwowords.com/

http://www.odditycentral.com/

 
 
8月13日は「国際左利きの日」だったそうだ。 人類の10人に1人が左利きといわれるこの世界で、左利きの人がなん …
世界がどうなるかわからないこんな時代だからこそ、できる範囲で自分の身を守るという意識を持つことは大事なことなの …
自撮り画像をInstagramなどのSNSにアップするときにはいかに美しく、可愛く写真を加工するか! まるで詐 …
妊娠中にアルコールを大量摂取した場合、「胎児性アルコール症候群」を引き起こします。 結果として、小さな目、上向 …
女性の皆さん、男性の理想体型はありますか? 日本では”細マッチョ”が無難といったところでしょうか。 アメリカを …
通常の2時間映画でさえ、苦痛で寝てしまう人もいるのではないでしょうか? それを720時間、なんと30日間ぶっ通 …
口内を衛生に保ち、歯を大切にすることは健康寿命にもその人の印象にも影響を与えるのではないでしょうか。 今回は、 …
現代の奴隷の数は歴史上最高 出典元 奴隷なんぞいつの時代の話だと思う人もいるでしょう。 ほとんどの国は奴隷を違 …