「エルフになりたい!」超絶イケメンが臨んだエルフ化への道・・・ここまでやるか!

エルフになりたい


http://www.odditycentral.com/

リサ
え!なにこのイケメン!♡
マサヤ
このままでも十分なのに・・・世の中って不公平だよなぁ

彼は、アルゼンチン出身のルイス・パドロンさん、25歳。
無類のエルフ好きで、生まれ変わるのなんて待てないから今世でエルフになる!と決意しました。

なぜ彼がそんなにもエルフになりたいのかー。
その背景には、幼少期のつらい体験の中でファンタジーの世界に出逢いがありました。
ルイスさんは子どものころ、いじめられっ子だったそうです。
彼をつらい現実世界から救ってくれたのが「ネバー・エンディング・ストーリー(はてしない物語)」などのファンタジー系映画や小説だったのです。

大きくなっても友だちはほとんどできず、ますます妖精や天使に夢中になったルイスさん。
それまでは好きなキャラクターのコスプレをして楽しんでいましたが、14歳ごろから本当に妖精や天使になってみたいと思うようになったそうです。

改造には数百万


http://static.twentytwowords.com/

リサ
痛そう・・・

20歳を迎えたルイスさんは、自分改造計画をスタートさせました。
ボトックス注射、顎の脂肪吸引、鼻の整形、レーザーでのそばかす除去、皮膚の漂白、全身脱毛・・・さらには、茶色だった目の色をクリスタルブルーに変えました。

レイヤ
え、目の色も整形で変えれるの・・・!?恐ろしい・・・

さらに今後の目標は、顎をもっとシャープに、目を猫のような形に、そして肋骨4本を取り除いてウエストを薄く、細く・・・。
背を高くする手術にも興味があるといいます。

「他人に理解してもらえるとは思わないけれど、ファンタジーの世界は僕の人生を多くの点でよりよく変えてくれた」

ルイスさんはそう語っています。
ここまで徹底してやれる根性があるならもうこわいものはないですよね。
美容グッズには月に50万円ほどかけているそうですが、モデルのお仕事で生計を立てているそうです。
エルフ化が成功した暁には、また新しい仕事が舞い込んできそうですね。

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉http://twentytwowords.com/

http://www.odditycentral.com/

いまだに世界の海の95%は調査されておら...