【衝撃】若くして親になった子供達…最年少は5歳!?29歳でおじいちゃん!?

カズキ
こんにちは。カズキです。
日本では、晩婚化、低出生率で子供の数が減少しています。
リサ
しかし、世界では若くして出産している人もいます。
2011年以降、大人用のおむつの売り上げが子供用を上回っているそうです。

このままいくと日本はどのような道を歩んでいくのか心配ではありますが、今回は若くして親になった子供達を紹介します!

ショーンとエマ


出典元

1998年、当時15歳のエマと12歳のショーンは子供を授かりました。
一緒に子供を育てるはずでしたが、子供が生まれた半年後に二人は別れてしまいます。

以来ショーンは警察に何度も捕まり、刑務所に入ることも…。

ショーンと別れたエマは違う人と結婚したそうです。

ティアとジョルダン


出典元

2011年、当時14歳のティアと15歳のジョルダン。

驚くことにティアの両親も15歳の時に彼女を出産しているのです。

ティアの両親は若干29歳にしておじいちゃんとおばあちゃんに…。
リサ
さらにティアの父親シェムはイギリス国内最年少のおじいちゃんとして記録されています。

アリーシャ・グレッグソン


出典元

当時13歳のアリーシャは交際していた少年の子供を出産。
なんと彼女は出産まで妊娠を隠し続けていたそうです…。

しかしさらに驚くことに、再び10ヶ月後に同じ少年との子供を妊娠し、2011年15歳にして2人目を出産!

カズキ
隠し通せるものなのか…

リナ・メディナ


出典元

1939年、世界最年少記録の5歳で男の子を出産したリナ。

お腹が大きくなっていくリナの両親が腫瘍だと心配し、病院に連れて行ったことで妊娠が判明。
当時リナの父親が暴行の疑いで逮捕されましたが、証拠不十分で釈放されました。

リナ自身も何も語らなかったそうです。

カズキ
父親は特定されることはありませんでしたが、現在のようにDNA鑑定があればわかったはずですよね。
リサ
父親だとしたら許せません。

いかがでしたか?

自分が14歳くらいの頃何をしていたっけなんて考えてしまいました(笑。

産まれた子供たちが幸せな道を歩んでいればいいですね。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
https://www.wereblog.com

昏睡状態から目覚めたら中国語がペラペラに!人生が変わったオーストラリアの青年、美人妻との結婚も”脳の神秘”のおかげ!?


ある日突然新しい能力を手にして人生バラ色に…。

なんて小説の話のようですが、あるオーストラリアの青年は、突然中国語を話すようになったそうです。

・交通事故で昏睡状態に…


出典元

話題になっている青年はメルボルン出身のベン・マクマホンさん(25)。
今から5年前、自動車衝突事故で昏睡状態に…

助かったら奇跡だと言われていたベンさんは、事故から一週間以上が過ぎたある日、突然目覚め驚くべき行動にでます。

・流暢な中国語

なんとアジア系の看護師さんに中国語で話しかけ、さらに紙に中国語で「お母さん、お父さん愛しています。回復します」と書いたと言います。

英語を思い出すのにも数日かかり、本人は中国語を話している意識さえなかったそうです。

ベンさんは以前学校で中国語を少しかじった程度で、話せるレベルでは全くなかったのです。

・単身上海へ


出典元

新しい能力を手にいれた彼は商業を学ぶため、上海の大学へ留学。

上海のテレビ番組に出るなど多方面でも活躍!
現地の人にも驚かれるほど流暢な中国語を話しています。

・パートナーとの出会い

2016年には中国の有名なお見合い番組で、シドニーで弁護士をしている中国人女性とのお見合いに成功したそうです!
人生が180度変わるとはまさにこういう事を言うのかもしれまんせんね。

もともと中国語の下地があったため、脳の言語スイッチが入れ替わったのでしょうか。
未だに謎多き”脳”の神秘は計り知れませんね。

ぜひ筆者にも新しい能力をもたらしてほしいものです。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://www.recordchina.co.jp

世界で多発する「フェミサイド(女性殺し)」への怒り爆発!フェミニズム団体の女性120人が全裸で一斉に叫びながら猛抗議!

世界中で男性による女性への暴力行為は後を絶ちません。

「女性であること」が原因の強姦、暴力、殺人は「フェミサイド(女性殺し)」と呼ばれています。

こうした現状に法整備がされていないのが現状…

・裸の抗議デモ


出典元

そしてこの度、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、フェミサイドから女性を守るべく2015年に結成されたフェミニズム団体による”裸の抗議デモ”が行われました。

大統領官邸前に120以上集まった女性。
スペイン語で「女性殺しは集団虐殺」と書かれた旗を掲げると、全員が全裸になったとのこと。

・罪の重さがわかっていない?

アルゼンチンでは1日に1人の割合で男性により女性が殺害されているそうです。
さらに2016年、当時大学生でフェミニズム活動家だった女性が殺害されたことがきっかけで団体の活動が活発化したといいます。

この女子大生を殺害した男性は、2012年二人の女性をレイプした罪で9年の懲役刑を受けていたにもかかわらず、2016年に釈放されたのです…。

・狂ったように吠えまくる


出典元

その時の様子は、全員が両手を前に突き出しながら、まるで狂ったように叫び出します。

最後は裸のまま地面に倒れ、死体の山を連想されるようなパフォーマンスで締めくくられています。

・世界中で問題となっているフェミサイド

アルゼンチンに限ったことではなく、インドなどでも年々増加するレイプ件数が社会問題となっていますね。
被害に遭う女性もまだ10代の子供の場合も少なくありません。

日本では「フェミサイド」という言葉はまだ馴染みがないですが、被害件数は年々増加しているようです。

今回のアルゼンチンの団体の行動は少し過激かもしれませんが、それだけ女性というだけで被害に遭う確率も高いのでしょう。

「女性」である前に「一人の人格を持った人間」といった考えの人が増えることを願うばかりです。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.newsweek.com
http://tocana.jp

インターネットを駆け巡ったフェイク画像に騙される人続出!あの有名人も被害に…

今の時代誰でも画像を簡単に編集できてしまいますが、編集のレベルが上がるほどまるで本物のように見えてしまうことも…

一旦ネット上で拡散されてしまえば、収集がつかなくなるほど恐ろしいことにもなりかねません。

本物か嘘がもはや見分けがつかないフェイク画像に騙されます。

クマ襲撃


出典元

これは騙される!
特にカメラを持っている人の必死の形相といったら…

しかし、これ全てフォトショップでチャチャっと貼り付けしたもの。
クマだけではなく、人間も全て貼り付け…

パリス・ヒルトンのTシャツの文字


出典元

「貧乏をやめよう(STOP BEING POOR)」と堂々とプリントされたTシャツ。

大金持ちのお嬢様がこんなTシャツを着たら…
案の定無神経すぎると大炎上!

しかし実際は若者を励ますために「絶望するのはやめよう(STOP BEING DESPERATE)」だったのです。
お騒がせ娘だけに真実と受け止められても仕方のないことなのでしょうか?

ケネディとマリリン・モンローの密会写真


出典元

こちらも歴史的有名人の元米大統領のジョン・F・ケネディとマリリン・モンローの密会写真。

2人の恋の噂はずっとあったものの決定的な証拠はなかったそうです。
しかし出回ったのが大統領執務室で抱き合うこのでっちあげ写真。

2人によく似た俳優を使って撮影したそうです。

モンスターズ・インクに登場する壁紙


出典元

一目瞭然でどっちがフェイクかわかりますよね。笑

ロジャー伯父さんとマミーがチョメチョメってこらっ!
ディズニーから訴えられたら賠償金一生かかっても返せませんよ。

本当に子供が描いたかのような下手さが逆に笑えますが。

人の人生を変えさせかねないフェイク写真は絶対ダメです。
誰にも迷惑をかけないオモシロコラ画像くらいにしておきましょうね。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.therichest.com

温暖化で海面上昇が急加速中!!恐怖のシミュレーションマップが示す世界沈没…日本もあの土地が沈む…

1990年代以降、気温上昇に伴い海面上昇のペースが加速しています。

これまで海面上昇は、年間3mm程度の緩やかなペースでした。
しかし南極大陸の研究チームによる発表によると、氷棚崩壊と巨大な氷山が分離が続いた場合、世界の海面が1m以上上昇する危険性もあるといいます…。

NYではすでに対策が始まっている

海面上昇が予想以上の速さで進む可能性がある状況下で、一部の国ではすでに対策がとられています。

米ニューヨークでは、洪水の被害を考えビルの最上階に非常用発電機を設置するなど建物の設計方法まで変えているとか。

フランス領ポリネシアでは逆に海を利用し、海上に浮かぶ都市の建設に乗り出しているそうです。

日本はどうなるのか?

海沿いに海抜0m地帯がある東京・オランダ・バングラデシュなどはヤバイです!

シミュレーションマップである「Flood Map」で日本がどうなるのか見てみましょう。


出典元

海面が「5m」上昇した場合、青くなっているところが水没するエリアです。

東京に絞ってみてみると、低地エリアである荒川区、江戸川区、足立区周辺はほぼ全滅…

一刻も早い対策が大事!

日本に限らず、経済の中心を担っている地域消滅により国家レベルの問題となることは間違いありません。

今後はどれくらいの速さで海面上昇が進行していくかはわかりませんが、食い止める事はできないでしょう。

日本は何となくのんびりしているように思いますがこのシミュレーションマップを見るとゾッとしますよ…


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://tocana.jp
http://flood.firetree.net/

イギリスで拡散し続ける『硫酸攻撃』の恐怖!一瞬で人生を狂わされた無差別襲撃事件の被害者たちが悲惨すぎる!

復習や見せしめの目的で硫酸や塩酸などを浴びせる「アシッド・アタック(酸攻撃)」を知っていますか?
劇薬を顔にかけられたらどうなるか…

被害者はその瞬間から地獄へと突き落とされたようになるでしょう。

そんな「硫酸攻撃」がイギリスで増え続けているといいます。

増加する発生件数

2015年には261件、16年は431件、そして今年はすでに282件も発生しています。

硫酸攻撃は無差別に行われることもあるそうです…

イギリス在住のクリストフェロスさんも人生を狂わされた被害者の一人です。

ある日突然人生が一転

2014年12月、ある日自宅のドアの叩く音で、普段通りドアを開けたクリストロフェロスさん。

見知らぬ男が「これがお前への贈り物だ」と言うと、突然硫酸を彼の顔に浴びせたそうです。

言葉では言い表せない痛みと表現しているように、着ていた服は消えていくようにボロボロになったと言います…

12回の外科手術

今までに12回もの顔の再建手術を受けましたが、まだ今後も受けなければならないそうです。

傷の収縮に伴い、まぶたを失い眠れなくなったこともあるといいます。

しかし彼を襲った犯人は、8年の服役で仮釈放される可能性もあるほど刑は軽いものだそうです…

規制がなく手に入りやすい酸性物質は、使い方一つで凶器にさえなりえます。

このような事件が増加していること自体大問題ですが、一早い規制が必要になるでしょう。

こういう事件は本当に胸が痛みます…

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://toyokeizai.net

ドラッグの危険性が一目瞭然!!コカイン中毒者の心臓は通常の3倍も膨張!?摘出後も不気味に鼓動し続ける…


日本でも他人事ではなくなってきたドラッグ問題。
法律で厳しく取り締まりがされてはいますが、その危険性を知る人はあまりいないのではないでしょうか?

今回はそんなドラッグの恐ろしきさがわかる動画が公開されました!

・3倍のサイズに膨れあがる心臓

まずはその動画をご覧ください!
(※苦手な方は注意してご視聴下さい)

映像では15年もの長期にわたりコカインを乱用し続けた人の心臓が映っています。

通常は拳ほどの多きさの心臓が、3倍のサイズに肥大しています。

コカイン摂取によって血管が収縮するため、血流悪化と酸素不足を招き、全力で動こうとする心臓に負荷がかかり巨大化につながるそうです。

・体外で25分間動き続ける心臓

通常は摘出された心臓は酸素不足により60秒ほどで動かなくなってしまうようですが、この心臓はなんと25分間も動き続けたといいます。

長年少ない酸素で適応し続けた結果、酸素の供給がなくても動き続けたとのことです。

適応するならいいじゃないかと思ってる人、大きな間違いです!
これはすでに拡張型心筋症という病気の状態で、最終的には心不全により命を落としかねません。

悲鳴をあげる寸前までその環境に適応しようとする人体の能力と、薬物の恐ろしさを同時に痛感させられます…


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.medicaldaily.com

いまだ語り継がれる伝説のロックバンド・ニルバーナのカート・コバーン!地元警察が写真を公開!死後20年…未だに謎に包まれる死の真相…

つい先日、米国のロックバンド「リンキン・パーク」のヴォーカルが自殺したというニュースが飛び込んできました。
あまりにも悲しいニュースに世界中で衝撃が走ったのではないでしょうか?

歴史に見ても、ロックミュージックが自ら命を絶ってしまうことはそう少なくありません。
1994年4月に27歳という若さでこの世を去ったカート・コバーンもそうです。

死後20年経過しているのにもかかわらず、いまだ多くの人を魅了しつづけるカート・コバーンの死にはさまざまな憶測が飛び交っています。

・不可解な死

カート・コバーンはシアトル市内の自宅で散弾銃で頭部を撃ち抜き、死亡しているのが発見されました。

遺書も発見されたため自殺として断定されましたが、不可解な点が多く”殺人”だという人もいるそうです。

・ヘロイン摂取後の死

薬物常習者だったカート・コバーンの死亡時の血中からは、血液1Lあたり1.52mgものヘロインが検出されたそうです。

しかし、この量のヘロインを摂取した人間は散弾銃の引き金を引くことは不可能だという人もいます。

さらに2つの写真を比べてみると….


出典元


出典元

死後直後に公開された写真と後日地元シアトル警察が公開した写真。
手の位置が異なるとの声もあがっています…

2014年、シアトル市警はカート・コバーンの自殺現場の写真を公開しました。
この時点では遺体写真や自殺に使われた散弾銃などの克明な写真は公開されませんでした。


出典元

注射器、スプーン、ライターなどが入った箱。


出典元

赤いピンで刺された、遺書とみられる写真。

しかし、自殺現場写真公開から2年後の2016年…

陰謀論を抑制するために警察はさらに自殺に使われたされる散弾銃も公開!


出典元

本当の真相はわかりませんが、彼の音楽が現在でも人々に影響を与え、今でも話題になるカリスマ性は本物です。

そんな筆者もかつてニルバーナに影響を受けた一人として、彼を尊敬してやみません。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.dailymail.co.uk
http://tocana.jp

アメリカの未解決事件「謎のポラロイド写真」!29年前失踪した美人女子大生が1年後、不気味なかたちで発見される…

2013年のFBIの統計では、アメリカで行方不明となる人数はなんと1日で約2000人!

失踪事件の多いアメリカですが、その中でも現在に至るまで約30年の間人々の記憶に残っている未解決事件があります。

1988年に起きた未解決事件『謎のポラロイド写真』…

・19歳の女子大生突如失踪


出典元

1988年、ニューメキシコ州に住む当時19歳のタラ・カリコ。
その日彼女は、午前中にマウンテンバイクでサイクリングし、一度家に戻ってから午後にボーイフレンドとテニスをする予定でした。

正午すぎても家に戻ってこない娘を心配した母親のパティが車で探しに行くと、道路沿いにタラがウォークマンで聴いていたカセットを発見。

さらにその後、タラのピンクのマウンテンバイクも発見され捜査開始。

・手がかりなし


出典元

タラがマウンテンバイクに乗っている姿を目撃した人は見つかりましたが、有力な手がかりはなく時間だけが経過しました。

しかし失踪の翌年1989年、ニューメキシコ州からはるか離れたフロリダ州の食料雑貨店の駐車場で1枚のポラロイド写真が発見されました。

・謎のポラロイド写真


出典元

写真には手を縛られ、口にガムテープを貼られた少女と幼い少年の二人の姿が…

警察は写真の撮影場所もポラロイド写真を落とした人物も特定できませんでした。

この少女はタラに似ている気はしますが、正直わかりません…
しかし、母親のパティは自分の娘だと確信しました。

・彼女の行方は…

テレビ番組でも取り上げられ有名な事件となりましたが、結局タラは発見されず未解決事件のまま。

ちなみに、タラとみられる少女の横にいた少年、タラと同じ1988年にニューメキシコ州で失踪したマイケル・ヘンリーではないかと言われています。
しかし、1990年にマイケルの遺骨はキャンプ場で見つかっています…

・再調査開始

タラの両親は彼女の帰りを待ち続けながら、すでに亡くなりました。
母親からDNAを採取していたFBIは2013年、再調査を開始することにしました。

事件から30年経った現在では、科学捜査は格段に進歩したので今からでも遅くはないかもしれないですね。
両親は残念ながら亡くなってしまいましたが、親戚は今も諦めていないと言います。

誰も幸せにならないこのような事件は本当に胸が痛みます…

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://www.anonews.co
http://tocana.jp
いまだに世界の海の95%は調査されておら...