アメリカの未解決事件が超怖い!正体不明の「箱の中の男の子」…不気味な遺体に誰もが完全にお手上げ!

冷酷な殺人ではない?


出典元

検死医のブリストーさんは、1993年に亡くなるまで数十年にわたり男の子の死を追っていました。
彼は、男の子が発見された時、身体が綺麗に洗われ、髪と爪が綺麗に手入れされていたことから冷酷な殺人ではなく、何らかの理由で置き去りにせざるを得なかったのではないかと考えていたようです。
ここまで調査されたにもかかわらず、手がかり一つ掴む事が出来なかった不可解な事件。

生まれた事さえなかったかのようにこの世からいなくなってしまった男の子。

現代の検死技術が当時あれば事件は解決していたのかもしれませんね。
いつか男の子が本当の意味で報われることを願います。

サムネイル:出典元


《記事制作の参考にさせて頂いたサイト》
http://mysteriousuniverse.org
http://tocana.jp
いまだに世界の海の95%は調査されておら...