世界一個性的な成人式の衣装。忘れられた部族「セルクナム族」の独特なボディぺインティングとコスチューム(南米)






忘れられた部族たち

リュウジ
ハロウインみたいだけど、このストライプの衣装は民族の伝統的な服装なのかな?

セルクナム族は、アルゼンチンとチリの南ティエラ・デル・フエゴに7000年間住んでいた石器時代の狩猟民族。
遊牧生活をしながら、その土地と調和し、魚を含む狩猟採集生活をしていたそうです。

彼らは現在はもう存在していません。

最後の成人式

こうした儀式が最後に行われたのは1920年のことで、宣教師のマルティン・グシンデさんがこれらの写真を撮影しました。
そのため、残念なことに白黒写真しか残っていないのです。

部族のもっとも神聖な儀式である成人式。
男性たちが独特のボディペインティングを施し、不気味なお面をかぶり、恐ろしい精霊に扮するのが伝統です。

http://designyoutrust.com/

カズキ
キャリーぱみゅ〇みゅのバックダンサーみたい・・・
ヒロアキ
ペイントだけじゃなく、毛皮を纏うこともあるらしいよ





精霊に扮している

http://designyoutrust.com/

成人になる男子たちは、赤、黒、白のペイントで全身に模様を描き、怖ろしい精霊になるのだとか。
数日ときには何週間にもわたって、彼らはさまざまな成人の儀式を行い、少年たちは大人の男になるそうです。

カズキ
カオナシ・・・?
ヒロアキ
世界にはいろんな成人式があるね・・・日本は平和だ

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉

http://designyoutrust.com/






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です