ウサギの巣穴ほどの小さな穴の奥には・・・テンプル騎士団の驚くべき秘密の地下洞窟

テンプル騎士団

テンプル騎士団とは、中世ヨーロッパで活躍した武力を持つ騎士修道会で、十字軍時代にその武勇を怖れられ、名声と特権において権力基盤を打ち立て、国を越えて知られたグループです。

ヒロアキ : 海外のお屋敷に置いてある甲冑ってまさにこんな感じだよね・・・!


秘密の隠れ家


http://www.dailymail.co.uk/

洞窟の入り口はウサギの巣穴より少し大きいほどのサイズで成人男性だとかなりきつそうです。
上から見ただけでは、地下に地下空間があるとはとても思えませんが、この地表からわずか数メートル地下には想像以上の洞窟が広がっているのです。

キャイントン洞窟

http://www.dailymail.co.uk/

騎士たちの多くは拷問によって自白を余儀なくされ、見せしめとして火あぶりになりました。
彼らは文字どおり地下へと追いやられ、このシュロップシアのような地下の洞窟が彼らの安全な隠れ家となったのです。

このキャイントン洞窟は長いこと誰も立ち入ることなく、最初にここが掘られたのはいつなのか、いまだにはっきりわかっていないそうです。
700年前に騎士たちが作ったと言う者もいれば、17世紀に彼らの継承者たちが掘ったという説もあるとのこと―。

サムネイル:引用元

〈記事作成で参考にさせて頂いたサイト〉http://www.dailymail.co.uk/

明るく神々しいところだけではなかった。 ...
通勤や通学で毎日電車を乗るみなさんは、 ...