うつ病には大きく分けて4つのタイプがある。脳撮像によって特定された異なるタイプのうつ(米研究)

リュウジ
心と体はつながってるってよく聞くけど、心の状態ってはっきり目に見えないからわかりにくいよね
マサヤ
特にうつ病はこれといった治療薬も存在しないし、人によって症状がまちまちだもんね

うつ病には種類がある

アメリカ、ワイルコーネル医科大学のコナー・リストン(Conor Liston)氏が『ネイチャーメディシン(Nature Medicine)』で発表した最新の論文には、うつの種類を区別することができると書かれていました。。

fMRIを利用して、脳内の神経回路のつながりを測定。
1,000人以上(うち40パーセントがうつと診断されている)の脳をスキャンした結果、うつには4種類あることが特定されたのです。
今後、この発見がきちんと確認されれば、より明確な診断と、種類に応じた適切な治療が可能になります。

きっかけはストレスの研究

リストン氏は以前に医学試験の勉強をする学生のストレスについても研究していました。
うつ病について実験するきっかけとなったのは、ラットを対象とするストレスの研究とこの学生のストレスの脳の回路に共通する部分があったのです。。

ラットのように、ストレスを感じる学生の脳の回路は、精神の柔軟性に関連する領域に異常な電気活動を示していました。
幸いにも試験終了後1月もすると回復したため、

脳は思っているよりも弾力性があることがわかったのです。

また後の研究では、うつの人には似たようなネットワークの変化があることを発見しましたが、それは一部の患者だけでした。

このことから、リストン氏は特定のうつ患者においては、ストレスあるいはそれに相当する何かが柔軟性回路を狂わせているかのように思えたたのです。

うつは「たった1つの生物学的現象」ではない


http://karapaia.com/

機械学習という、コンピューターがデータの中に潜むパターン発見の方法を自分自身に教える手法で解析を進めたところ、辺縁系と前頭線条体における接続の差異からうつ患者と健康な人とを区別できることが明らかになりました。
辺縁系は感情を制御し、前頭線条体は運動機能と認知機能の連携を助けている場所。
また、うつ患者の膝下前帯状皮質(subgenual cingulate cortex)という領域は、異常なほど強く他の領域と結びついていることも判明したのです。

4種のうつ病

こうして種類が特定できるようになったことから、うつ病には4種類あることがわかりました。
4種のうつのうち、

2種では患者が疲労感を感じる傾向にあり、他方の2種では喜びを感じられなくなる

そうです。

これは診断だけでなく、非投薬治療という点でも大きな意味合いを持ちます。
タイプ2とタイプ4に比べて、タイプ1の患者では、経頭蓋磁気刺激法という磁石で脳の患部に電流を作り出す治療の効果が3倍も高いようなのだ。

リュウジ
種類によって治療法も変わってくるってわかったなんて、大進歩!

これにより、適切な治療をすれば改善するという希望が見えてきました。
将来的には、経頭蓋磁気刺激法を調節することで、うつの種類に応じた治療が可能になるかもしれないとのこと。
fMRIで脳をスキャンして、異常な接続がある領域を直接狙い撃ち!
専門家によると今後5年でそれが実現する可能性もあるそうなので、ぜひとも期待したいですね!。

サムネイル:引用元

《記事作成で参考にさせて頂いたサイト》

https://www.scientificamerican.com/

いまだに世界の海の95%は調査されておら...